SEQUENTIAL「Prophet-5」「Prophet-10」のデスクトップ版を発表!

SEQUENTIAL「Prophet-5」「Prophet-10」のデスクトップ版を発表です。

Prophet-5/Prophet-10

Prophet-5とProphet-10キーボードと同じ本格的なビンテージサウンドとフロントパネルコントロールを特徴としていますが、携帯性とスペースを重視するスタジオ向けにデザインされた小型のフォームファクタを採用しています。

“Prophet-5とProphet-10 Rev 4キーボードの導入は大成功を収めました。それと同時に、多くの人が狭いスタジオスペースやツアー用の機材に簡単に収める方法を求めてきました。”そのニーズを満たすためにデスクトップ・モジュールを作成することは簡単に決まりました。素晴らしいのは、フルモデルのProphet-5と同じように大きくてボールのようなサウンドをデスクトップモデルに収めることができたことです。これまでと同じくらい素晴らしいサウンドです。

オリジナルと同様に、新しいProphet-5とProphet-10モジュールは、2つのマルチ波形アナログオシレーター、アナログ共振ローパスフィルターとアンプ、そしてボイスごとにフィルターとアンプのエンベロープを搭載しています。モジュレーションは、マルチ波形のLFOとポリ・モジュレーション(フィルター・エンベロープとオシレーターBをフィルター・カットオフ周波数、オシレーターAの周波数、オシレーターAのパルス幅など、様々な目的地にルーティングすることができる当時としては画期的なモジュレーション・スキーム)によって提供されます。

新しいProphet-5/10 Rev 4キーボードと同様に、モジュールにはProphet-5 Rev 3で使用された純正のカーティスVCOとフィルター、そしてProphet-5 Rev 1とRev 2でデザインされたオリジナルのSSM 2040 Rossumの現代的な対応であるDave RossesumデザインのSSI 2140フィルターが搭載されています。フロントパネルのRevスイッチは、ユーザーが必要に応じて2つの間で切り替えることができます。

また、新しいVintageノブが搭載されており、オシレーター、フィルター、エンベロープをボイスからボイスへと緩めていきます。ユーザーは、Prophet-5 Rev4のように非常に安定した “4 “から、Prophet-5 Rev1のように最も気難しい “1 “まで、段階的にヴィンテージのキャラクターをダイヤルすることができます。オリジナルの純正サウンドセットも付属しています。

その他、表現力を高めるベロシティ・センシティビティとアフタータッチ、MIDIとUSB接続など、現代的な機能強化が施されています。モジュラー・シンセや他の機材を接続するためのコントロール・ボルテージとゲート・イン/アウトも装備しています。新しいモジュールは、高級感のあるスチール製のケースに収納されており、ブラックウォールナットのハートウッドのトリムは手作業で仕上げられています。

どちらのモジュールも2月に発売される予定で、Prophet-5デスクトップモジュールは$2,499、Prophet-10デスクトップモジュールは$3,299の予定です。

関連記事:伝説の名機、Sequential「Prophet-5 Rev4」「Prophet-10」予約受付開始!

関連記事:Prophet-5の最強ソフトシンセ、u-he Repro-5レビュー

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。