アナログシンセサイザーの名機Oberheim 8-Voiceをエミュレートした、GForce「OB-E」リリース!

アナログシンセサイザーの名機Oberheim 8-Voiceをエミュレートした、GForce「OB-E」リリースです。

OB-E

オリジナル・モデルの8 Voiceは物理的にも巨大なモンスターのようなたたずまいではありますが、概念自体は実際には非常に単純なものとなっています。パルス波形とのこぎり波を備えた2つのVCO、2つのADSエンベロープ・ジェネレーター、1つのLFO、魔法のマルチモードフィルターを含む単一のシンセサイザーエキスパンダーモジュール(SEMR)に基づいて構成されています。

SEM単独ではモノフォニックですが、ポリフォニックキーボードによってトリガーされる8つのSEMが搭載されているため、8 Voiceは優れたポリフォニック・シンセサイザーとしての側面もあります。

OB-E自体、本質的には明解なインストゥルメントではありますが、GForceが把握する限り、ボイスごとの完全な制御を備えたという点からも史上初めてのバーチャル・インストゥルメントに仕上げることに成功しました。

  • ユニークな8ボイス・オクタフォニック・アーキテクチャ
  • Oberheim® 8-Voiceの本格的なサウンド・エミュレーション
  • ミックスに馴染むようにデザインされ、カテゴリ、タグ付けされた600のファクトリーパッチ
  • プリセットに簡単にアクセスできるライブラリアン(キーボード・カーソルキー・ナビゲーション)
  • ZOOMは、UIをフロントパネルとリアパネルにわたる個々のSEMを拡大します
  • すべてのSEMを一度に編集するためのグループモードとオフセットモード、個別のSEMコピー/ペースト/セーブ
  • 上部/下部SEMはキーボード全体へのスプリットを可能
  • 多面的なアナログスタイルのシーケンサー
  • 広範なベロシティとアフタータッチモジュレーション、SEMごとのパンとボリューム
  • ポリフォニック・アフタータッチとMPEに対応

現在のところ、MacOSのみ対応となっています。

価格は21,098円(税別)となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。