コンプレッサーの名機であるELI Distressorをベースにした、Softube「Empirical Labs Mike-E Comp」リリース!

コンプレッサーの名機であるELI Distressorをベースにした、Softube「Empirical Labs Mike-E Comp」リリースです。

Empirical Labs Mike-E Comp

Dave Derrとの緊密なコラボレーションにより正確にモデリングされたEmpirical LabsのMike-E Compは、有名なELI Distressorをベースにした高品位でオンリーワンのサチュレーション/コンプレッションを提供します。

CompSat回路の前に用意されたパンチの効いたプリアンプと、3つの異なる強調モード(プラスNUKE!)により、マルチステージのディストーションと、サチュレーション/コンプレッションのビヘイビアの特性を素早く変化させることができます。

参考記事:Softube Empirical Labs Mike-E Compレビュー

ネイティブ・プラグインとして初めて利用可能になったMike-Eは、これ以上のことはできません。その際には、どれだけ過激に押し込んでも、ハラハラ感は一切ありません。

結果を伴わない過剰さ?それがロックンロールです。そして、それがMike-Eを箱の中の男にしているのです。

  • Empirical Labs社のMike-Eハードウェアのネイティブ・プラグイン・バージョンをエキスパート・コンポーネント・モデル化したもの
  • 暖かくパンチのあるプリアンプ 最大+18 dBのゲイン
  • ハイパスと位相、ヴィンテージ・スタイル 18 dB/オクターブ(80 Hz)
  • CompSatセクションの多段ソフトクリッピングサチュレータ(DriveとToasty/Warmメーター付き)
  • CompSat部の3つの強調モード(HF、HF2、LF)
  • Distressorに基づいたCompSatセクションのコンプレッサ
  • コンプレッサーで有名なNUKEモード
  • レシオプリセット BYP、1:1、2:1、4:1、8:1 & NUKE
  • 攻撃時間 (ms) 0.9, 8, 12, 20, 100 – 解放時間 (秒) 0.05, 0.1, 0.25, 0.5
  • 外部サイドチェーン
  • ドライ/ウェットミックス

通常32,000円のところ、25,500円となっています。

購入はこちら

Empirical Labs Complete Collectionはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。