進化したオールインワン・AIアシスタントレコーダー、iZotope「Spire Studio (Gen 2)」予約受付開始!

進化したオールインワン・AIアシスタントレコーダー、iZotope「Spire Studio (Gen 2)」予約受付開始です。

※2021年5月25日リリースされました。

Spire Studio (Gen 2)

ボーカリストやミュージシャンにとって、高価なスタジオを予約したり、複雑なソフトウェアやオーディオ・インターフェースを理解するために何時間も費やすことなく、最高の選択肢をその場で提供します。

新たなSpire Studio (Gen 2)では、2倍のストレージや新設計マイクロフォンなど大幅に進化した第二世代ハードウェアと、Spire Pro(iOS App)のクラウドプロセッシングを組み合わせることで、あなただけのレコーディングエンジニアが宿ったかのようなレコーディングを誰もが簡単に実現できます。

Sound Check

適切なGain設定を自動で行うサウンドチェック機能にはNeutronのテクノロジーを追加。入力されたソースを識別/分析し、あなたに適切なEQ/Compなどの処理を行うことでレコーディングを成功へ導きます。(Spire Pro / Spire Studio Gen 2両方で利用できます)

Auto Noise Removal & Virtual Pop Filter

収録されたサウンドにはSpire Proのクラウドプロセッシングにより、RXのテクノロジーが施されます。Spectral De-noiseの技術を用いてエアコンの音などのバックグラウンドノイズを自動除去。

さらにボーカルの場合はDialogue De-reverbの技術により部屋の不要な残響音を自動除去したり、De-plosive, De-clipの技術を用いてポップノイズを自動除去する機能を搭載。まるで”バーチャルポップフィルター”があるかのようです。

上記の通り楽器全般に有効ですが、声を録音する場合は更なる恩恵が得られると言えるでしょう。(※Spire ProのクラウドプロセッシングにはWIFI接続が必要です)

Visual Mix & Vocal Tuning

各トラックを録音し終えたら、直感的なiOSビジュアルミックスで思うままに楽器を配置してみましょう。Ozoneステレオイメージャーの技術により、バッキングトラックにステレオ感を付与することも思いのままです。さらにSpire ProではNectarの技術を使ったVocal Tune機能を新搭載。自然な補正から極端なロボットボイスまで1フェーダーで簡単に調整可能です。

Enhance (Auto Mastering)

手早くミックスを終えたら、最後はSpire Studio本体内蔵DSPにより、Ozoneの技術を応用した自動マスタリング『Enhance』機能で、よりクリアに、ダイナミックに仕上げましょう。 (※EnhanceにはSpire Studio本体が必要です)

その後はSNSにアップすることも、非圧縮個別wavでDAWに送ることも、Spire Sessionデータを仲間と共有してコラボすることも一瞬です。楽曲制作の最初にリズムトラックが必要ですが? 今ならSpire Appで5種、Spire Proで50種ものビートセッションも提供されます。

さぁ、レコーディング、ミックス、マスタリングまでを可能にしたA.I.アシスタントレコーダー”Spire Studio 2nd Gen”は技術的な悩みからミュージシャンを解放し、本来のクリエイティブな作業に戻すことを約束します。

参考記事:【PR】iZotope Spire Studio (Gen 2)レビュー

プリオーダー期間の注文で豪華特典ゲット

  1. 日本限定発売前プリオーダー期間のご注文で豪華4大特典が付属します。
    半年間のSpire Pro (iOS用App) 無償ライセンス
  2. 汎用マルチトレイ (マイクスタンドにアタッチ可能、Spire Studioが乗る汎用トレイ) ※先着200名様限定
  3. iZotope Neoverb Guitar Pick ※先着200名様限定
  4. iZotope Japanアーティスト作成Spire Sessionデータを無償提供
    (著名ミュージシャンによるSpire Sessionデータを国内サポートID登録ユーザー様全員に後日無償提供いたします)

※先着200名限定の特典は完売となり、今後は④「iZotope Japanアーティスト作成Spire Sessionデータ」のみが提供されます。

価格は59,400円となっています。

Spire Studio (Gen 2)

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。