直感的DAWソフトPreSonus「Studio One 5」アップグレード/クロスグレードが25%OFF!

直感的DAWソフトPreSonus「Studio One 5」アップグレード/クロスグレードが25%OFFとなっています。

Studio One 5

Studio One 5になり、数々の強力な機能が追加・刷新されており、ますます磨きがかかっています。

レコーディング、プロデュース、作曲、ミックス、マスタリング、演奏のすべてを、1つの直感的なアプリケーションで行うことができます。

使いやすさを重視して設計されたStudio One® 5は、スタジオからステージまで、クリエイティブなパートナーとして活躍します。

スタート・ページには、すべての曲、プロジェクト、ショーが表示されるダッシュボードや、すべての作品にカスタム・メタデータを追加できるパーソナライズされたユーザー・プロファイルなど、クリエイティブ・プロセスを開始するために必要な情報が用意されています。

Studio One 5に収録されている、Presonus製ネイディブプラグインのGUIが大きく刷新されています。

新機能一覧

  • Show Page:Studio Oneの新しいShow Pageでは、ライブ・ミュージシャン向けのバッキング・トラック、バーチャル・インストゥルメント、プラグイン・ラックをドラッグ・アンド・ドロップで簡単に追加することができます。
  • Score View:受賞歴のある作曲および、記譜ソフトウェアNotionをベースにした新しいスコアビューでは、標準的な記譜法を使用してノートを入力、表示、編集できます。
  • Clip Gain Envelopes:新しく追加されたClip Gain Envelopesは、コンプレッサーやリミッタープラグインを追加せずに、音量が大きすぎたり、柔らかすぎたりするオーディオのセクションを修正するのに最適なツールです。
  • Melodyne Essential 5との統合:Melodyne Essential 5では、ボーカル編集ツール、統合されたコード検出機能、コードグリッドが大幅に改善されました。
  • デザインを一新したNative Effects™プラグインスイート:Studio OneのNative Effectsプラグインは、見た目が一新され、驚くほどの新機能が追加されました。Analog Delay、Rotor、Tricompを含むいくつかのプラグインは、自然なアナログ・サチュレーションを実現するために、ステート・スペース・モデル化されたドライブ・ステージにアップデートされています。
  • Extended Mixer Scenes:コンソール全体の状態をキャプチャし、ミキサー・シーン全体を呼び出したり、ボリューム、パン、ミュート、インサート、センドなどを選択的に呼び出したりすることができます。
  • Aux Channel:新しいチャンネル・タイプで、外部のインストゥルメントやオーディオ・ソースをStudio One®のミキサーに供給することができ、セッションの邪魔になるオーディオ・トラックを作成する必要がありません。
  • 独立したListen Bus:Listen Busを使用して、メイン出力とは独立したコントロールルームへのフィードを提供します。
  • キー・スイッチとノート・コントローラーをサポート:キー・スイッチはフィルタリングされ、あらゆるタイプのプレイバック処理から除外され、Studio Oneはノート・コントローラーとMIDIポリフォニック表現をサポートするようになりました。
  • MTC/MMC同期:Studio Oneは、MIDIタイムコードを介して外部のハードウェア機器と同期できるようになりました。

購入はこちら

Studio One Professional/Producerユーザー(Studio One 5 Professionalへのクロスグレード)

Studio One 5 Professinalへのクロスグレードです。

価格は16,200円のところ、12,200円となっています。

購入はこちら

Studio One Artistユーザー(Studio One 5 Professionalへのクロスグレード)

Studio One 5 Professinalへのクロスグレードです。

価格は32,600円のところ、24,500円となっています。

購入はこちら

その他、Presonusサブスクリプションなどもセール中なのでチェックしてみてください。

Presonusセール一覧はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。