【DAW】直感操作が特徴の音楽を楽しむDAW、Bitwig 4が正式リリース!

直感操作が特徴の音楽を楽しむDAW、Bitwig 4が正式リリースです。

Bitwig 4

Bitwig Studioは発表以来、アップデートとともに順調に機能を拡張し、バージョン2では、プログラム全体のモジュレーターとCVの統合を実現。バージョン3では、モジュラー・サウンド・デザイン環境であるThe Gridが誕生しました。そして今回、バージョン4では、新しい音楽のタイムラインが登場します。

クリップランチャーとアレンジャーの両方で可能になったオーディオクリップのコンピング。ノートやオーディオイベントの偶然性や再現性などを変更できる新しいOperators。音符ごとのピッチやオーディオのパンニングなど、あらゆる表現ポイントを完璧にコントロールできるRandom Spread。さらに、MacではApple Siliconをネイティブにサポートし、IntelとARMのプラグインを共存させることも可能です。

Bitwig Studio 4のベータ版は、本日からご自身のBitwigアカウント内から無償ダウンロード可能(有効なアップグレードプランをお持ちの方)。正式版のリリースは、今年6月末から7月を予定しています。

Bitwig Studio 4の特徴

オーディオ・コンピング

Bitwig Studioのコンピングは、複数テイクの最良の部分を組み合わせることができるだけでなく、それ以上の機能を提供します。

各テイクは色付けされ、テイクレーン上でどのテイクを採用しているのかが非常に明確です。別のテイクに切り替えるには、そのテイクをタップします。その後、上下の矢印を押すと、他のテイクが循環します。合成レーンでは、クリックしてバウンダリーを移動したり、ドラッグしてゲインを調整したり、スライドしてタイミングを修正することができます。

Bitwig Studioには、従来からクリップランチャーとアレンジャー画面があり、そのどちらにおいても、コンピングはオーディオクリップの中で行うことが可能です。ランチャーで作曲しているときにクリックすると、その場でコンプ・レコーディングが可能になります。また、クリップを左右にドラッグするだけで、テイクを安全に取り込むことができます。複数のコンプが一緒になっている場合は、レイヤーエディターを開くこともできます。コンピングは、いつでもどのセクション上でも使用可能です。

優れた技術には新しい技がつきものです。オーディオクリップを右クリックすると、「テイクに収める(Fold To Takes)」メニューが表示されます。これにより、例えば8小節のコンプを行うと、クリップ全体がテイクレーンに展開され、コンピングを開始できます。また、オーディオをドラッグして新しいテイクレーンを追加することもできます。ソースが異なれば、結果もまた新しいものになります。

オペレーター

モジュレーションは、常にBitwig Studioの中心的存在でした。モジュレーターは、デバイスのパラメーターを動かすために、以前からBitwig Studioに搭載されていました。そして今、オペレーター(Operators)によって、シーケンスされたノートやオーディオのイベントもエレクトリックになります。これにより、プログラミング、パフォーマンス・コントロール、あるいは運命によって、さまざまな可能性やタイムラインに向かうクリップを導きます。

オペレーター(Operators)には4つのモードがあり、それぞれを単独で、あるいは組み合わせて使うことができます。

  • Chance:チャンス」では各イベントの発生確率を高くしたり低くします。
  • Repeats:リピート」では各イベントを一定の割合で再トリガーしたり、音符の長さを任意の数に分割したりすることができます。そして、これらのタイミング(ノートリピートの場合はベロシティも)を調整することが可能になります。また、個々のイベントを出力するための「リピート時のスライス」オプションも用意されています。
  • Occurrence:出現」は、各イベントの条件を設定するものです。クリップの最初のループであるかどうか?パフォーマンスをコントロールするFillボタンがオンになっているか?あるいは、前のイベントが再生されたのか、それとも無音だったのか?などの条件を設定します。
  • Recurrence:繰り返し」は、各イベントを独自のループ・タイムラインとして考えます。そこで、サイクルの長さを決めて(例えば、クリップが4回ループするごとに)、その4回のパスのそれぞれでイベントが再生されるかどうかをチェックします。

すべてを足すとどうなるでしょうか?例えば、50%の確率で16分音符が流れてきて、毎回一貫して異なるリズムを生み出すことができます。1拍目のシンバルが4回目のクリップリピートで再生され、最初のトリガーでは再生されないとか。あるいは、2つの音符をつなげて、最初の音符か2番目の音符のどちらかが再生されるが、両方が再生されることはない、とか。また、リピートを使ってオーディオのポリリズムを作ったり、タイミングランプを使って1つのノートを何十回もリトリガーされるイベントにラチェットすることもあります。

また、新しい発見を求めるには、クリップを拡張して、オリジナルの2サイクル、20サイクル、あるいはそれ以上のサイクルを新しいクリップとして出力することができます。これにより、オペレーター(Operators)が「単純な」ループに対してすべてのネストされたパターンと関係を確認したり、あるいは、ランダム性なしで正確な編集を開始したりすることができます。サイコロを置くことも同様に有効な選択です(「Chance:チャンス」パラメーターのアイコンは「サイコロ」になっています)。

エクスプレッション・スプレッド

Bitwigのエンジンは、音符やオーディオのエクスプレッション・オートメーションを可能にするユニークなものです。ランダム性が求められるので、あらゆるエクスプレッション・ポイントにビジュアル化されたスプレッド範囲を用意しました。ノートのベロシティをランダムにすることもできますが、コードの各部分に独自のパンニングを与えることもできます。また、ある音程からスタートしてランダムな音程に移行するノートを作成することもできます。また、オーディオクリップの各スライスに、わずかにランダムなゲインを与えることもできます。きっとあなたにぴったりの使い方が見つかるはずです。

エディターを開くと、クリップの開始時に、運命づけられたすべてのランダムな値が視覚化されます。そしてまた、次のループサイクルが始まると、新しい値が表示されます。このようにインターフェースとサウンドが密接に結びついていると、カオス(混沌)を利用して音楽を作ることができます。

クリップのSeedフィールドをクリックして、自分でサイコロを振ることもできます。気に入ったものがあれば、同じ「ランダム」パターンがすべてのSpreadパラメータに固定され、Chance Operatorを持つすべてのイベントにも適用されます。

Apple Siliconネイティブ

Bitwig StudioはApple Silicon上でネイティブに動作します。

さらに、IntelとARMのVSTは共存可能です。元よりBitwig Studioでは、プラグインをDAWとは別個に扱うようにしています。なぜなら、プラグインがクラッシュしても、Bitwig Studioが演奏を続ける方が良いからです。そして今、これはVSTアーキテクチャも同様に、安全に混合することを意味します。

それぞれのプラットフォームは異なりますが、私たちはそのうちの3つをサポートしています。Apple Siliconであろうと、WindowsやLinuxのフルマルチタッチ・インターフェースであろうと、あるいはCVやMPEのネイティブサポートであろうと、Bitwig StudioはこれらすべてのテクノロジーをつなぐDAWなのです。

その他

  • Bitwig Studioは、中国語、日本語、ドイツ語にローカライズされています。インターフェースはそのままで、機能、ラベル、アプリ内のドキュメント(300以上のデバイスとモジュールのインタラクティブ・ヘルプを含む)を、これらの言語で表示することができます。
  • 書き出しオプションの改善。どの編集ツールやデバイスを使っても、最終的にはすべて音声になります。バージョン4では、書き出しオプションが改善され、ロスレスフォーマット(WAV、FLAC)、ロッシーフォーマット(OGG、MP3)、そして新たな候補(OPUS)を選択できるようになりました。アレンジメントの一部を選択して、複数のフォーマットにバウンスすることができます。また、トップレベルのグループトラックを選んで、ステムをあっという間に書き出すこともできます。複雑にする必要はありません。
  • 新しいインポートオプション。お使いのコンピューターには、複数の音楽プログラムがインストールされていると思います。そこでインポート側では、FL Studio(FLP)やAbleton Live(ALS)のファイルからデータをBitwigにインポートすることができるようになりました。クリップやアレンジもきれいに取り込めるはずです。 また、VSTプラグインも同様に、きれいに取り込めます。また、Auxyをお使いの方は、作品をBitwig Studioプロジェクトとして直接エクスポートできるようになりました。
  • その他にもいくつかの改良が加えられています。コンテンツのスライド(およびオーディオのゲイン・ハンドル)は、作業中に表示されるビジュアルハンドルを使って、クリップおよびイベントレベルで直接行うことができます。オーディオをより読みやすくするために、波形は知覚的なスケールで表示されるようになりました(ダッシュボードでリニアに戻すこともできます)。また、GridとPolymerフィルターのほとんどが、極端なレゾナンスやモジュレーションに対応し、よりスムーズなレスポンスを実現しています。

入手方法

Bitwig Studio 4正式版は、2021年7月13日に公開されました。アップグレードプランの有効な既存ユーザーはお使いのBitwig Studioを起動すると、アップデート通知が表示され、ダウンロードが可能です。

保存・書き出し以外の機能無制限のデモ版はこちらよりダウンロードできます。

購入はこちら

BITWIG STUDIO 3

【通常版】通常50,875円のところ、39,875円となっています。

【エデュケーション版】通常34,100円のところ、25,300円となっています。

【12ヶ月アップグレード版】通常20,900円のところ、17,050円となっています。

購入はこちら

BITWIG STUDIO 16-TRACKからのアップグレード

通常36,850円のところ、25,850円となっています。

購入はこちら

BITWIG STUDIO 8-TRACKからのアップグレード

通常48,400円のところ、37,400円となっています。

購入はこちら

Bitwig Studio 16-TRACK

通常17,270円のところ、15,070円となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。