フォーカス可能な8バンド・ノイズ・リダクションプロセッサー、McDSP「NR800」が41%OFF!

フォーカス可能な8バンド・ノイズ・リダクションプロセッサー、McDSP「NR800」が44%OFFとなっています。

NR800

NR800は、音楽制作、ポストプロダクション、ライブサウンドに役立つリアルタイム・ノイズ・リダクション・プロセッサです。

プラグイン内部のレイテンシーなく動作し、トランスフォーム・ベースで処理するノイズ・リダクション・プラグインに見られるようなマイナス要素で元の素材を汚すこともありません。

NR800は主に全周波数帯にブロードバンドで作用しますが、フォーカス・ポイントを用いることで、ノイズ・リダクションの周波数スペクトラムの範囲を狭め、処理を絞り込むことができます。入力フィルタ・セットは、最大36dB / Octまでスロープを調整でき、ノイズ・リダクションのフォーカス・ポイントから独立した周波数に設定することも可能です。

NR800には複数のノイズ・リダクションモード(NR Mode)が用意され、滑らかな処理からアグレッシブなリダクションまで、素材に合わせたノイズ・リダクション量の調整を行えます。 Rangeコントロールは、ノイズ・リダクション全体を100%から0%(オフ)の範囲でスケールすることができます。 「x2」モードを有効にすると全バンドのノイズ・リダクション量が2倍となります。細かな調整が不要な場合や深刻なノイズへの対処に有効な機能です。

Responseタイムは、「ノイズ・イベント」の発生からノイズ・リダクションがどれくらいの速さで復帰するかを調整します。

NR Biasセレクタで、ノイズ・リダクションのゲインおよびスレッショルドを入力信号に対し「スナップ=自動調整」する場合に、異なるノイズ・リダクション量を適用することができます。

NR800の8つの各バンドには、ノイズ・リダクション・フェーダー、ノイズ検出のためのスレッショルド・マーカー、マスター(M)と機能をリンクする(L)コントロール・ボタンが用意されています。また、各帯域は個別のバイパスまたはソロも備えられており、入力されるノイズ量の試聴も可能です。

  • HPFおよびLPFプリ・フィルタリング
  • フォーカス可能な8バンド・ノイズ・リダクション
  • NR ModeおよびNR Biasでノイズ・リダクションのモード、バイアスを設定
  • Snap Gain および Snap Thresholdにより素早いセットアップが可能
  • RangeおよびResponseコントロールによるノイズ・リダクションの全体量と速さを調整可能
  • エミー賞を受賞したMcDSPのエンジニアリング技術

通常17,600円のところ、11,990円となっています。

NR800 Native

McDSPではサマーセールを開催中です。多数の製品が対象となっているのでチェックしてみてください。

McDSPサマーセール一覧

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。