ブリキ缶を音響板に使ったバンジョー音源、Soundiron「Canjo」リリース!

ブリキ缶を音響板に使ったバンジョー音源、Soundiron「Canjo」リリースです。

Canjo

Canjoとは、木の棒、弦のチューナー、ブリキ缶などを使って作る自作の単弦の楽器です。

Canは、ツンとした金属的な音で共鳴し、バンジョーとマウンテンダルシマーを掛け合わせたような音がする。

ギターのように構えて演奏するのが一般的ですが、テーブルや膝の上で演奏することもできます。Canjoはダイアトニックにフレットが打たれており、12音の音域を持っているので、バックポーチやキャンプファイヤーでフォークのメロディーを弾くのに最適です。

KONTAKTフルバージョンが必要です。KONTAKTはKOMPLETE無印以上に含まれます→KOMPLETE 13

通常3,100円のところ、2,400円となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。