【8/12早朝まで】60/70年代のジャズ、ファンク、ロックの雰囲気を再現する5つの象徴的なキーボード・ベース音源ライブラリ、Insanity Samples「The Vintage Keys Collection」が75%OFF!

60/70年代のジャズ、ファンク、ロックの雰囲気を再現する5つの象徴的なキーボード・ベース音源ライブラリ、Insanity Samples「The Vintage Keys Collection」が75%OFFとなっています。

The Vintage Keys Collection

5つの象徴的なヴィンテージキーベースの楽器を、細心の注意を払ってマルチサンプリングしたコレクションです。

魅力的で、個性的で、クリエイティブなインスピレーションに満ちた3Dの世界でデザインされています。

それぞれの楽器が実際にどのように動作し、どのように聞こえるのか、細心の注意を払ってサンプリングされています。

サウンド操作への実践的なアプローチにより、これらのオリジナルのヴィンテージレアリティで部屋に座っているように感じるでしょう。

  • Stage Piano MK1 – 愛されているFender Rhodes Mark 1を再現しています。エフェクトチェーン、リリーストリガー、3つのラウンドロビン、4つのベロシティレイヤーを備えています。非常にデリケートで軽いものから、ハードで激しいものまで。
  • LiTz – 今回は、同じく人気の高いWurlitzerキーボードを使用しています。エフェクトチェーン、リアルさを増すペダルアップ&ダウントーン、ビブラートを内蔵しています。
  • The Bull – Insanity SamplesはMoog Taurusに取り組んでいます。このパワーハウスベースシンセは、実際に足で使うように設計されています。特徴的なプリセットと、パワフルな2つのオシレーターの出発点と、Taurusに見られるクラシックなシンセ・パラメーターを使って、独自のベース・トーンを作り上げることができます。
  • Chorda Keys – Phili-Cordaを少しニッチでユニークにしたものです。エレクトリック・オルガンのような温かみのある音色を実現します。豊富なサウンド・マニピュレーションの可能性を持つこの楽器は、夢中になって楽しめる小さな楽器です。
  • Autoccordion – RhodesやWurliのように広く知られているわけではありませんが、AutoccordionはJ.Busilacchioのエレクトリック・オルガンをベースにしています。非常にユニークなサウンドを持つ小さな獣だ。自動で空気を抜くシステムを搭載しているので、酸の上のアコーディオンです。見事な楽器であり、素晴らしいベース/コードボタンセクションです。

KONTAKTフルバージョンが必要です。KONTAKTはKOMPLETE無印以上に含まれます→KOMPLETE 13

通常€115のところ、€29となっています。

購入はこちら