【無料】Oberheim OBシリーズをエミュレートした、discoDSP「OB-Xd」が2.5にバージョンアップ!

Oberheim OBシリーズをエミュレートした、discoDSP「OB-Xd」が2.5バージョンアップ版をリリースです。

OB-Xd 2.5

 

OB-XdはOberheim OB-Xをベースにしており、そのサウンドと動作を再現しようとしていますが、オリジナルにはいくつかの重要な点で制限があったため、オリジナルのデザインに多くのものが追加または変更されています。

OB-Xdは、オリジナルに匹敵するサウンドを目指して設計されました。そのサウンドの大きな部分を占めるマイクロランダムデチューンを実装しています。

V2.5での変更点

  • HiDPIをサポートしたスケーラブルなGUI(1x、1.5x、2x)を全プラットフォームに追加。
  • Luke’s Soundhouse 80s & Synthwave Presets bankを追加しました。
  • プリセットバーにボールドフォントを採用し、より見やすくなった。
  • 各システムに対応したフォント(macOSはHelvetica Neue、WindowsはArial、LinuxはDejaVu Sans)。
  • すべてのテーマのXMLノブのサイズと配置を変更。
  • Ilkka Rosma Darkテーマを含む、4倍のビットマップでアセットを更新。
  • メニューの合理化。
  • テーマフォルダのエラーダイアログのアセットとウィンドウサイズを更新。
  • プリセットバーの名前をクリックすると、プログラムのポップアップメニューが表示されるようになりました。
  • メニューのヘルプバージョンとPDFマニュアルを開く機能を追加しました(WindowsとmacOS)。
  • その他の修正と機能強化。

参考記事:無料で使えるプラグインシンセサイザーまとめ2020

参考記事:discoDSP OB-Xdレビュー

引き続き無料で使用可能ですが、AAX版のみ有償($49)です。

ダウンロードはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。