90年代のサウンドを再現するフィルタープラグイン、Softube「Mutronics Mutator」が67%OFF!

90年代のサウンドを再現するフィルタープラグイン、Softube「Mutronics Mutator」が67%OFFとなっています。

Mutronics Mutator

は、ギター、ボーカル、キーボード、ドラムなど、あらゆる音源に気の遠くなるようなフィルタースイープ効果を生み出します。

基本的に、1960年代にアナログシンセシスのために開発された技術をベースにした、スーパースイートステレオアナログフィルターとエンベロープフォロワーで構成されています。The Mutatorは純粋にミックスツールというよりも、クリエイティブなツールと言ってもいいでしょう。

1990年代前半に発売されると瞬く間に成功を収め、その年代のサウンドに多大な影響を与えました。Mutatorは、Radiohead、Beck、Daft Punk、The Chemical Brothers、Nine Inch Nails、Massive Attackなど、多くのアーティストが制作したレコードではっきりと聴くことができます。

2つのチャンネルそれぞれにアナログの電圧制御フィルター(VCF)を搭載しており、ユニットに入力されるあらゆる音源にシンセのようなフィルタースイープをかけることができます。フィルターは様々なソースからコントロールすることができます。

例えば、エンベロープフォロワーは、音源の振幅に比例してフィルターをスイープさせます。ゲートモードでは、フィルターのオン/オフを切り替えることができます。また、フィルターは内蔵のLFOでも制御できます。LFOには4つの波形があり、音楽に合わせてフィルターをスイープさせることができます。

また、外部サイドチェイン入力を使って、外部の音源でフィルターの動きをコントロールするという、非常にクールなオプションもあります。例えば、パッドトラックにMutatorを挿入して、ドラムループに同期してフィルターを動かすことができます。

また、2つのチャンネルをリンクまたはアンリンクして、トリッピーなステレオ効果を得たり、Widthコントロールを使用してステレオフィールドを拡張したり、Mixノブを使用して元の音源と変異した音をブレンドしたりすることができます。

  • 圧倒的なフィルター効果
  • 音源の振幅、LFO、外部音源によるフィルター・スイープのコントロールが可能
  • 1990年代の代表的なレコードに多数採用
  • 1960年代のアナログシンセシスで培った技術を応用
  • ひとつひとつの部品を丁寧にモデル化
  • 周波数、位相、歪みなど、極めてアナログ的な挙動を実現

通常16,900円のところ、5,500円となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。