アナログ回路の目に見えないニュアンスを解読するように設計されたAIアルゴリズムを搭載したテープサチュレーション、Baby Audio「TAIP」リリース!イントロプライス40%OFF!

アナログ回路の目に見えないニュアンスを解読するように設計されたAIアルゴリズムを搭載したテープサチュレーション、Baby Audio「TAIP」リリースです。

イントロプライス40%OFFとなっています。

TAIP

テープレコーディングは、デジタルミックスでは得られない音楽的なクオリティを持っています。TAIPは、このクオリティをDAWにもたらします。このプラグインは、あなたのトラックに本物のアナログの熱を加えることができます。

テーププラグインは新しい概念ではありません。しかし、このエミュレーション方法は新しいものです。

Baby Audioは、従来のDSPを使用する代わりに、アナログ回路の目に見えないニュアンスを解読するように設計されたAIアルゴリズムを中心にTAIPを開発しました。

その結果、直感的でクリエイティブな使い方ができる、真に忠実なテープエミュレーションが実現しました。また、現代のワークフローに対応するための機能も追加されています。

TAIPは、あなたのトラックに暖かさと接着剤のタッチをもたらすために使用したり、ディストーションプラグインの代わりに「それを嫌うようにドライブする」ことができます。

  • DRIVE:従来、テープマシンは音にできるだけ色をつけないように設計されていました。TAIPは違います。DRIVEノブを使って、微妙な熱さから激しいディストーションまで、必要なだけの色を加えることができます。
  • MIX/TAPE FLANG:MIXでは、テープを並列に走らせることができます。MIXとWEARを組み合わせることで、クラシックな「テープフランジング」効果を得ることができます。これはWEARのワウとフラッターがドライ・トラックと並行して走ることで起こります。
  • MODEL:SINGLEが通常のテープ・エミュレーションであるのに対し、DUALは2つのテープ・エミュレーションをボンネット内で連鎖させ、それぞれにDRIVE値の半分を適用します。これにより、信号に若干の重みが加わります。
  • LOW-SHAPE / HI-SHAPE:これらのスライダは、ローエンド/ハイエンドの飽和度を、他の周波数スペクトルよりも高くしたり低くしたりします。(例:低域を歪ませることなく、ドラムバスをウォームアップする)
  • GLUE:テープマシンは、その低いダイナミックレンジのために、コンプレッションのような効果をもたらすことが知られています。TAIPでは、この効果を加えたり、誇張したりすることができます。GLUEは、微妙なまとまり感を出したり、実際のコンプレッサーとして使用します。
  • NOISE:テープノイズを好みに応じて加えたり、全く加えないようにすることができます。
  • WEAR:ワウ、フラッター、周波数応答カーブの変化を組み合わせて、使い古されたテープマシンのようにします。
  • PRESENCE:テープの暖かさの一部は、減衰されたハイエンドから来ています。PRESENCEは、その減衰量を自分で決めることができます。テープでは失われることのある明るさを取り戻すことができます。
  • INPUT:入力レベルをNORMALとHOT(より歪んだ状態)の2種類から出力音量に影響を与えずに選択できます。
  • AUTO GAIN:プラグインの出力レベルを一定に保ちながら、より多くのDRIVEを加えることができます。

通常7,600円のところ、4,300円となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。