日本が誇る“室屋光一郎ストリングス”をキャプチャーした、 IMPACT SOUNDWORKS「TOKYO SCORING STRINGS」発表!予約受付開始!

日本が誇る“室屋光一郎ストリングス”をキャプチャーした、 IMPACT SOUNDWORKS「TOKYO SCORING STRINGS」が発表されました。

TOKYO SCORING STRINGS

『東京スコアリング・ストリングス』は、日本が誇る“室屋光一郎ストリングス”の演奏をキャプチャーしたストリングス音源です。

1stヴァイオリン8名、2ndヴァイオリン6名、ヴィオラ4名、チェロ4名、コントラバス3名と、一般的な8型にコントラバスを1名プラスしたセクションをキャプチャー。ポップスはもとより、ゲーム作品はもちろん、これまでChamber系の音源を用いてきた全ての場面に最適です。

コンテンツ

  • 96kHzからのダウンミックスによる、24bit/48kHzのサンプル
  • 4つのマイクポジション:Close、Room、Decca、Surround
  • 相澤光紀氏によるボードミックス
  • 2つのビブラート・モードを伴うサステイン
  • アーティキュレーションごとに最大5つのダイナミックレイヤー
  • Spiccato、Staccato、Staccatissimo、Secco
  • Tremolo、Harmonics、Trills、Decrescendo、Sforzando
  • 4つのレガートタイプ

仕様

  • 1画面からダイナミクス、ダイナミックレンジ、ビブラート、レガートスピードなどを簡単にコントロール可能
  • 3つのプレイバックモード:リアルタイム、バランス、ルックアヘッド
  • TACT(Total Articulation Control Technology)バージョン3を搭載し、キースイッチ、ベロシティ、MIDI CC、ペダルを使って自らのワークフローに沿ったマッピングを簡単に作成可能
  • レガートトランジションやサンプルオフセットなどの機能
  • NKS対応
  • コンソールFXラック&ミキサー

チーム

  • 室屋光一郎氏が率いる“室屋光一郎ストリングス”:日本が誇るセッション・アンサンブル・グループです。その優れた演奏は多くのサウンドトラックで聴くことができます。
  • 相澤光紀氏は、日本のトップエンジニアであり、世界的に有名な数多のスコアのミキシングやレコーディングを担当しています。
  • Sound Cityは、60年以上の歴史を持つ素晴らしいレコーディングスペースです。このスタジオを選択したことで『東京スコアリング・ストリングス』はよりタイトで焦点を絞った状態でキャプチャーでき、より機敏な演奏や外部リバーブを使ったミキシングに適した特性を得ることができました。
  • アニメや映画の作曲家として知られる横山克氏は、PlugnoteやMiracleBusを通じて世界各地でレコーディングを行ってきました。本プロジェクトではその経験からレコーディングを含めたプロジェクト全体をリードしてくれました。
  • クリプトン・フューチャー・メディア/SONICWIREは、IMPACT SOUNDWORKSの日本のディストリビューターで、プロジェクトの初期段階からIMPACT SOUNDWORKSと連携してプロジェクトを推進しました。

Kontakt Player(無料)対応です。

通常50,830円のところ、39,160円となっています。リリースは2021年内の予定。

購入はこちら