【10/5まで】自動トランジェント検出/分離と16種類のエフェクトを搭載した、Wavesfactory「Quantum」リリース!

自動トランジェント検出/分離と16種類のエフェクトを搭載した、Wavesfactory「Quantum」リリースです。

Quantum

Quantumは、オーディオ信号をアタック部分とサステイン部分に分離するオーディオプラグインです。

16種類の高品質なエフェクトが内蔵されており、それぞれのパスに独立して適用することができます。Quantumは、トランジェント・シェーピングの可能性を再定義します。

Quantumは、最先端のトランジェントシェイパーを核としています。Wavesfactoryはこの技術を使ってトランジェントを自動的に検出しています。

そうすることでWavesfactoryは、デジタルでアーティファクトだらけのサウンドになる他の方法よりも、アーティファクトレスでより自然な結果を得ることができました。

Quantumは、トラックごとに設定しなければならないスレッショルドパラメーターの必要性を排除します。これにより、作業時間を短縮し、原音に近い結果を得ることができます。

メインのボリュームノブをアタックとサスティーンに使うだけでも、サウンドに大きな違いが生まれます。

しかし、Quantumには16種類の高品質なDSPエフェクトが搭載されており、アタックやサスティーンの部分に単独で加えることができるので、プラグインのサウンド能力を飛躍的に高めることができます。

  • Chorus – 4つのLFOを備えたステレオコーラスは、ステレオフィールドに広がるボイスを変調します。
  • Compressor – 汎用性の高いオートゲイン付きVCAコンプレッサー。
  • Convolution – フィルター、プリディレイ、IRコレクションを搭載したインパルス・レスポンス・ローダー。
  • Delay – テンポシンクとフィードバックパスにフィルターを備えたステレオディレイ。
  • Enhancer – サチュレーションを必要な部分に適用する2バンドSpectre。
  • EQ – 5つのバンドと7つのフィルタータイプを持つパラメトリック・グラフィカルEQ。
  • Flanger – フィードバック、ステレオ・スプレッド、サイン/トライアングル波形を備えたステレオ・フランジャー。
  • Limiter:ルックアヘッド機能を備えたブリックウォール・リミッター。
  • Lo-Fi – サンプルレートリデューサーとビットクラッシャー、そしてミックスとアウトプットコントロール。
  • Phaser – Sine/Triangle LFO、スプレッド、2~12ノッチを備えたステレオフェーザー。
  • Pitch Shifter – 長さを変えずにピッチを変化させる高品質なエフェクト。
  • Reverb – ルームリバーブとプレートリバーブにインスパイアされ、両者の優れた機能を組み合わせたもの。
  • Saturation – 5種類のサチュレーションタイプとサチュレーションモデリング用のパラメータを備えたツールボックス。
  • Stereo Tools – 異なるチャンネルのボリュームと位相をコントロールするユーティリティーエフェクト。
  • Tremolo – LFOで信号のレベルを変化させます。リングモジュレータでもよい。
  • Vibrato – LFO を使って信号のピッチを変化させます。周波数シフターにもなる。

通常16,300円のところ、10,800円となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。