【12/7まで】Antaresのボーカルプロセッシングプラグイン「Auto-Tune Access」など各種が最大70%OFF!

Antaresのボーカルプロセッシングプラグイン「Auto-Tune Access」など各種が最大70%OFFとなっています。

Auto-Tune Access

シンプルで安価なオートチューン「Auto-Tune Access」は、業界標準のピッチ補正プラグイン、 Auto-Tuneのエントリーモデルです。

3段階切替のRetune Speed、Humanizeノブにより、微妙で自然なサウンドのピッチ補正から最も極端なAuto-Tuneエフェクトまで、さまざまな処理を実行可能にします。

低CPU設計なのもうれしいところ。低レイテンシー仕様なのでライブでも活躍できます。

後述しますが、Auto-Keyとの連携も可能。

通常11,300円のところ、3,300円となっています。

購入はこちらから

国内購入はこちら

Auto-Key

トラックに挿入すると自動で「キーを判定」してくれる優れものです。Auto-Tuneの最上位モデルProに同梱されています。

曲のキーが分からない、という場合に役立ちそうですね。

更に「Auto-Tune Access」に解析したキーを送信できるので、設定のわずらわしさも軽減されるという優れものです。

通常5,600円のところ、2,800円となっています。

購入はこちら

Mutator

Mutatorは、一風変わった異世界の声を作るためのサウンドデザインツールの組み合わせを提供します。

高品質のピッチシフティング、スロートモデリング、リングモジュレータを使ったミューテーション、そして心を揺さぶるテンポに同期したアリエナイズ機能を備えたMutatorは、ユニークなボーカルエフェクト、キャラクターデザイン、ポストプロダクションのサウンドデザインに最適なツールです。

Mutatorsの音声処理ツールは3つのセクションに分かれています。ボイス・デザイン・セクションでは、独自のスロート・モデリングとピッチ・シフティング・テクノロジーを使って、声の基本的な特性を作り上げることができます。

Mutateセクションでは、その声をさまざまな奇妙な生き物に変身させることができます。

さらに、alienizeセクションでは、ボーカルトラックを細かく分割し、それぞれのセグメントを逆再生することで、エイリアンの言語のようなクオリティを与えます。

スピーチセグメントの長さを変えたり、トラックのテンポに同期させたりすることで、独自の言語を作り出すこともできます。

通常7,800円のところ、3,700円となっています。

購入はこちら

Harmony Engine

Harmony Engineは、頭の中で聞くハーモニーパートを作成するための新しい方法を提供します。

完全に自動化されたものから、すべてのノートの個別のコントロールまで、さまざまなコントロールモードを提供しています。

Harmony Engineには、ボーカル・キャラクター、ビブラート、パンの設定を個別に調整できる4つの高品質なハーモニー・ボイスが搭載されており、リアルな効果や極端な効果を得ることができます。

また、5チャンネルのChoirボーカルマルチプライヤーを使えば、各ハーモニー・ボイスを2、4、8、16のユニゾン・ボイスに変えることができます。

通常28,400円のところ、14,200円となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。