ローエンドコントロールとステレオイメージャー2種類のプラグインをバンドルした、Leapwing Audio「RootOne + CenterOne Bundle」が25%OFF!

ローエンドコントロールとステレオイメージャー2種類のプラグインをバンドルした、Leapwing Audio「RootOne + CenterOne Bundle」が25%OFFとなっています。

RootOne + CenterOne Bundle

RootOne

RootOneは、サブハーモニック周波数を生成し、形作る新しいプラグインとして設計されています。 可能な限りクリーンなローエンドを作り出すことを目指し、オリジナルと位相を合わせ、その結果を1つのソースからなるサウンドに昇華させることに成功。

RootOneには、カスタムクロスオーバー周波数の3つの低域バンドが搭載されています。 それぞれのバンドは、選択したバンドの1オクターブ上の周波数を探し、振幅と位相を慎重に分析した後、そのバンド内でクリーンなサウンドを生成します。

  • 独自のサブハーモニクス・ジェネレーター:最もクリーンな低域を生成する独自のアルゴリズム
  • ピッチ・フォロワーと位相調整:単に信号をピッチシフトするのではなく、高度な解析を用いて、ソースに位相を合わせたサブハーモニクスを生成
  • フルハーモニクスのシェイピング:Saturationモジュールは、ミッドレンジのハーモニクスをシェイプし、小型スピーカーでもカットスルー可能
  • 究極のダイナミクス、ドライブ、ディケイ・コントロール:新たに生成されたサブハーモニクスをシェイピングするために、無限のコントロールが可能
  • シンプルで美しいデザイン 最適なワークフローに焦点を当てたユニークなデザインの美しいリサイズ可能なRetinaインターフェース

CenterOne

センタープロミネンス

ボーカルの音量がほんの少し大きすぎると感じても、ステレオの広がりは変えたくない。CenterOneは、パンされた信号を変えることなく、ステレオ信号のファントムセンターを前方または後方に移動させることができます。

ステレオソースからセンターチャンネルを抽出

CenterOneにはLCRプラグイン出力があるので、センターに抽出されたチャンネルだけにエフェクトをかけることができます。LCRをミックスして戻せば、元の信号と同じビットのコピーが得られます。

MS方式ではない

CenterOneの “Center Prominence “アルゴリズムは、ステレオ信号内の音源の正確な位置を分析し、元の音源の位置を尊重しながら、オーディオの各ビットを慎重に処理します。信号のMパートのレベルを変えようとする別のMS技術は、信号分割のMパートに横方向の音源が漏れるという本質的な欠点があるため、良好なパフォーマンスを得ることができません。

  • 2mixに使用してLRを持ち上げるだけで良い感じになる
  • 他のステレオイメージャーと比較して原音が崩れない
  • インターフェイスが秀逸で使いやすい
  • 負荷軽め

関連記事:【PR】高品質ステレオイメージャープラグイン、Leapwing Audio「CenterOne」レビュー

購入はこちら

通常45,200円のところ、33,900円となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。