Ursa Major Space Station SST-282を忠実にシミュレートした、Audiority「Space Station UM282」リリース!

Ursa Major Space Station SST-282を忠実にシミュレートした、Audiority「Space Station UM282」リリースです。

Space Station UM282

Space Station UM282は、80年代初期のエコー&リバーブユニット、Ursa Major Space Station SST-282を忠実にシミュレートしています。

当時の他の残響装置とは異なり、Space Stationはディレイ技術を使用して、モノラル信号を新たに残響のあるステレオ信号に変換しました。

過去の伝統的なディレイユニットには1つか2つのタップしかありませんが、Space Stationには多くのタップがあります。8つのタップはリスニングに使われ、その他は残響を合成するのに使われます。

そのため、Space Stationは長年にわたり、多くのプロデューサーやエンジニアの秘密兵器となっています。

  • シングルマルチタップディレイライン
  • 8つのオーディションタップ
  • 16種類のオーディション用ディレイプログラム
  • 最大255msのディレイタイム(2.55秒まで拡張可能)
  • 最大3.5秒のリバーブタイム
  • 帯域幅の縮小(20Hz~7kHz)
  • エコーシンク
  • フルステレオモード
  • エコー専用モード
  • ディレイエクステンション
  • ダッキング
  • リサイズ可能なインターフェイス

通常7,400円のところ、4,400円となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。