マルチバンドコンプレッションを搭載したパラメトリックイコライザー、Initial Audio「Dynamic Eq」リリース!イントロプライス56%OFF!

マルチバンドコンプレッションを搭載したパラメトリックイコライザー、Initial Audio「Dynamic Eq」リリースです。

イントロプライス56%OFFとなっています。

Dynamic Eq

Dynamic Eqは、マルチバンドコンプレッション機能を備えたパラメトリックイコライザーです。

各バンドにコンプレッサーが内蔵されており、スレッショルドを設定することで正確な周波数をダイナミックにカットまたはブーストすることができます。

各バンドにはレベルメーターがあり、現在のスレッショルドレベルを示すマーカーが表示されます。

これにより、標準的なイコライザーでは不可能な、ミックスの周波数帯域のコントロールが可能になります。この機能は、ディエッシングや共振周波数をダイナミックに減少させるのに非常に有効です。

Dynamic Eqは、日常的には標準的なイコライザーとして使用でき、よりコントロールが必要な場合は、透過的なコンプレッションアルゴリズムを使用して特定の周波数を抑制またはブーストすることができます。

Dynamic Eqは直感的で非常にシンプルに使えるように設計されています。洗練されたモダンなデザインのDynamic Eqは、現代のプロデューサーのために作られました。視覚的なフィードバックが重要であり、耳だけに頼る必要はありません。

メインEqカーブの動きを見れば、どの周波数がブーストまたはカットされているかが一目瞭然です。 レベルメーターは特定のバンドの音量を明確に表示し、周波数アナライザーはミックス内の目立つ周波数をすべて正確に把握できます。

スキームを選択する

豊富なカラースキームから好みのものを選択することができます。

それぞれのスキームに最適なカラーを選ぶのに何時間もかけ、このEQに印象的でモダンな外観を与えています。

精密かつ直感的

Eqは、オーディオ制作のあらゆるステップで基本となるツールです。信頼性が高く、正確で、直感的でなければなりません。Dynamic Eqは実際の信号とEQカーブを表現し、他の多くのイコライザーのようにリソースを節約したり視覚的な利点を得るために近似することはありません。

しかし、これはこのイコライザーがCPUコストが高いということではなく、CPUリソースをあまり使用せず、各チャンネルで簡単に処理することができます。

Dynamic Eqは最大16バンドまで、それぞれにコンプレッサーを内蔵することができます。このコンプレッサーはInitial AudioのIA LA1コンプレッサーで、非常に透明性の高いアルゴリズムを持っており、非常に高い負荷を与えても歪みやアーティファクトを発生させません。

豊富なプリセット

スタート地点として使用するためのプリセットが多数用意されています。

また、自分で作成したプリセットを保存して、他のEQのインスタンスで簡単に設定を再利用することも可能です。

通常8,800円のところ、3,700円となっています。

リバース処理プラグイン、Initial Audio「Reverse」が80%OFF!

2022.04.11

テープマシンやアナログレコードなどのアナログハードウェアをエミュレートしたプラグイン、Initial Audio「Analog Pro」が63%OFF!

2022.04.24

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。