クラシックなモノラルシンセを現代風にアレンジした、AIR Music Technology「Bassline」リリース!

クラシックなモノラルシンセを現代風にアレンジした、AIR Music Technology「Bassline」リリースです。

Bassline

AIR Basslineは、クラシックなモノラルシンセのサウンドをエミュレートし、現代風にアレンジしたものです。Basslineは、AIR MusicのVaccumで有名になったAIRの真空管回路モデリング技術を発展させたVacuum Tube Synthesisを搭載したモノフォニック・ヴィンテージ・シンセサイザーです。

Vaccumは、AvidのPro Toolsのリファレンス・シンセとして多くの人に知られています。

進化したエンジンは、アナログ時代のクランチーでウォームなサウンドを完璧に再現し、その素晴らしいウォームなサウンドを損なうことなく、次世代の機能を搭載しています。

オクターブ・ソー、ノコギリ、矩形、サイン波形を含む連続可変波形を持つフレキシブル・オシレーターをフィーチャーしています。レイヤーを厚くするSubと5番目のオシレーターを発見してください。複数のフィルター、エンベロープ、内蔵のオーディオ・エフェクトにより、Basslineは減算合成を深く掘り下げ、70年代と80年代の人気のあるアナログ・サウンドを再現することが可能です。

通常6,700円のところ、3,900円となっています。

その他にも、AIR Music Technologyから新しい製品がリリースされているので、合わせてチェックしてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。