【4/30まで】Ensoniq ESQ-1やKawai Kシリーズをオマージュしたドリームシンセサイザー、Cherry Audio「Dreamsynth」リリース!

Ensoniq ESQ-1やKawai Kシリーズをオマージュしたドリームシンセサイザー、Cherry Audio「Dreamsynth」リリースです。

Dreamsynth

Cherry AudioのDreamsynthは、1980年代半ばから後半の有名なアナログ+デジタルのハイブリッド・シンセサイザーへのオマージュとして開発されたものです。

その革新的なデザインは、柔軟なデュアルウェーブモーフィングオシレーター、ステレオフィルター、フルポリフォニックアナログストリングス、広範囲で使いやすいモジュレーション、スタジオ品質のエフェクト、MPEサポートを、エレガントなビンテージスタイルシンセインターフェースにブレンドしています。

Dreamsynthは、Ensoniq ESQ-1、Kawaii “K” series、Sequential Prophet VSなどの有名なシンセサイザーからインスピレーションを得ています。

80年代後半、音楽制作はアナログからデジタルへと急速に移行していきました。その橋渡しをしたのが、サンプリングされたデジタルオシレーターの精度と柔軟性、そしてアナログフィルターの温かみを兼ね備えたハイブリッドシンセサイザーである。デジタルとアナログの組み合わせは、個性的でユニークなサウンドを生み出し、そのサウンドは今もなお人々の心に響いています。

このようなヴィンテージクラシックの魔法を念頭に置いて、Cherry AudioはDreamsynthの制作に取り掛かりました。Dreamsynthは、「もしも…」という思いから、この素晴らしい時代の特徴に、現代のソフトウェア楽器の最高の機能を取り入れ、21世紀ならではのハイブリッドなシンセサイザーを作り上げました。

  • 3つのデュアル波形オシレーターは、同時に6つの仮想アナログまたはPCMサンプルベースのオシレーターとなり、最大16ボイスのポリフォニーを持つ。
  • 本物そっくりにモデリングされた仮想アナログ波形と430のルーピング、ワンショット、シングルサイクル波形
  • 16ボイスのフル・ポリフォニック・ストリング・シンセサイザー(主シンセとは独立した鍵盤上でのレイヤーやスプリットが可能
  • OBスタイルの12dB/オクターブ・マルチモード・ステレオフィルター
  • 20のMODソースとエフェクトを含む40以上のデスティネーションからなる、広範でアクセスしやすいモデュレーション機能
  • 本物志向のアナログ・ドリフト・コントロール
  • テンポシンクロ可能な3つのLFO
  • シンセとストリングスシンセに個別に割り当て可能なテンポシンク付きアルペジエーター
  • 完全にモジュレート可能なエフェクトには、複数のディストーションとサンプルクラッシングオプション、12ステージフェイザー、コーラス、フランジャー、ロータリースピーカーエフェクト、ディレイ、新しい「Galactic」リバーブアルゴリズムを含むリバーブなどが含まれる
    MIDI Polyphonic Expression(MPE)に対応
  • 高度に最適化されたコーディングにより、超低CPU負荷で最適なパフォーマンスを実現
  • ユーザーによるオーバーサンプリングコントロール
  • ワンクリックで拡大表示する先進のUI
  • すべてのコントロールのための完全なMIDIコントロールとDAWオートメーション
  • サウンドデザインに精通した優秀で多彩なメンバーによって作成された1100以上のプリセット

通常7,600円のところ、イントロプライスで5,000円となっています。

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。