ステレオトラックのパート分離・調整可能なプラグイン、AudiosourceRE「RePAN」が33%OFF!

ステレオトラックのパート分離・調整可能なプラグイン、AudiosourceRE「RePAN」が33%OFFとなっています。

RePAN

『REPAN』は、2MIXやステムトラックをパンニング解析し、パート毎に分離・調整をリアルタイムに行うプラグインです。

AudioSourceRE社独自のデジタル処理技術により、ステレオフィールドの調整やパートのリバランスといった今までにできなかった事を可能としています。

参考記事:【PR】ステレオトラックのパート分離・調整可能なプラグイン、AudiosourceRE「RePAN」レビュー

『REPAN』ではステレオフィールドをいくつかに分割し、ボリュームとパンニングを調整できます。また、個別の帯域をソロモードで書き出し、マッシュアップの素材にするといった活用が可能です。

  • 分割数を3から7バンドで指定可能
  • 検知を行うパンニングバンドを調整可能
  • リミックスやリパンに最適なアウトプットミキサーを内蔵。バンドのソロやミュートも可能です。
  • リアルタイムクラウドレス処理

通常12,600円のところ、8,400円となっています。

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。