Minimoog Model Dを丹念にバーチャル・エミュレーションした、Cherry Audio「Minimode」リリース!

Minimoog Model Dを丹念にバーチャル・エミュレーションした、Cherry Audio「Minimode」リリースです。

Minimode

Minimodeは、ポータブル・シンセサイザーの大御所、伝説のMinimoog Model D®を丹念にバーチャル・エミュレーションしたものです。1971年に発表されたMinimoogほど「シンセサイザー」という言葉を連想させる楽器は他にありません – おそらく最も有名で愛されているアナログシンセサイザーです。

その内部はMoogの巨大なモジュラーシンセと同一ではありませんでしたが、太く、ジューシーで、「ファット」なアナログサウンドを共有し、それは50年経った今でも挑戦されることはありません! そして、Kraftwerk, Herbie Hancock, Rick Wakeman, Pink Floyd, Parliament, Gary Numanなど、数え切れないほどのアーティストのサウンドを定義してきたのです。

Minimodeは、オリジナルの楽器に対する究極のトリビュートとして考案されました。Cherry Audioは、絶対的な信頼性という一つの原則に焦点を当てました。

Cherry AudioはDSPマスターであり、頻繁にコラボレーションを行うMark Barton (MRB)と共同で、オーディオのすべてのニュアンス、すべての曲線、すべてのレスポンスを研究し、測定しました。

Minimodeのインターフェースも、メープルのキャビネットや質感のある表面、紛れもない「Cosmo」のノブやスイッチなど、Minimoogを細部まで再現しています。

Cherry Audioは、Model Dの精神や雰囲気を損なうようなLFOやエフェクトなどの追加機能の誘惑を避け、Minimodeはクラシックなオリジナルの純粋で生々しい、パワフルなサウンドと感触を描き出しています。

通常8,400円のところ、5,500円となっています。

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。