【5/6まで】ボーカルや楽器など様々な処理を可能にする次世代ディエッサー、Solid State Logic「SSL DeEss」リリース!

ボーカルや楽器など様々な処理を可能にする次世代ディエッサー、Solid State Logic「SSL DeEss」リリースです。

SSL DeEss

SSL DeEssは、正確なシビランス低減と高域コントロールのためのワークフロー指向の補正ツールで、ボーカルテイクにおける過剰なシビランスや「エッ」「シッ」などのきつい中高域を低減するために使用されます。

DeEssは、自動オーディションやディセッシングされた信号を若返らせる内蔵ブライトコントロールなどのワークフローの強化に加え、相対スレッショルドアルゴリズムを採用しており、ディエッサーの反応に破壊的な影響を与えることなく信号の入力レベルを変更することが可能になっています。

これは、静かな歯擦音も大きな音と同じように効果的にディエッシングできることを意味します。

DeEssでは、信号のミッドまたはサイド成分のみを素早くターゲットにすることができ、さらに自動オーバーサンプリングとルックアヘッドオプションを切り替えることで、超高品質なレスポンスを実現することができます。

また、ボーカル(テナー、アルト、ソプラノ)や楽器の処理に合わせたプリセットも用意されています。

  • 相対スレッショルド・ディエッサー:慎重に調整されたディエッサーのレスポンスを破壊することなく、FXチェーンの早い段階でレベルを変更することができます。
  • ディエッシングした信号を若返らせる – ブライトコントロールを使って、ディエッシング後のハイエンドを若返らせることができます。
  • Filter it your way – SPLITとBROADBANDの2つのプロセッシング・モードから好きなものを選択できます。それぞれの最大ゲインリダクションは、ディエッシングが効果的で透明でありながら過剰にならないように慎重に調整されています。
  • マルチシェード波形ビジュアライザー – 相対的なスレッショルドにより、信号の最も静かな部分と最も大きな部分の両方でディエッサーが作動するのを確認できます。
  • 自動試聴機能 – オートリスニング機能により、関連コントロールを変更した際に自動的に信号を試聴することができます。
  • MID/SIDE 処理 – 信号のミッドまたはサイド成分のみを素早くターゲットにします。

通常17,000円のところ、イントロプライスで、11,300円となっています。

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。