1800年代半ばに発足した巨大な劇場でレコーディングされたEZX拡張音源、Toontrack「EZX – BIG STAGE」リリース!

1800年代半ばに発足した巨大な劇場でレコーディングされたEZX拡張音源、Toontrack「EZX – BIG STAGE」リリースです。

EZX – BIG STAGE

『EZX – BIG STAGE』は、これまで発売してきたEZXシリーズの歴史の中で、最もユニークで象徴的な設定を提供します。1800年代半ばに発足した巨大な劇場の観客席に面したステージで収録された『EZ DRUMMER 3』用の拡張ライブラリです。

ヨーテボリの賑やかな大通りの端、緑豊かな公園と交通量の多いケーブルカーの間に、この街を象徴する建物が堂々としたシルエットを描いています。「Stora Teatern」です。1800年代半ばに建てられたルネッサンス様式の建築物で、元々は演劇のために設計されたものでしたが、現在は芸術と文化のための舞台として機能しています。この建物の中にあるTop Floor Studiosは、ヨーテボリで最も重要なスタジオのひとつで、この街のエリートバンドやアーティストだけでなく、国際的にも重要なハブとなっています。このスタジオを管理・運営しているのは、このEZXのプロデューサーであり、クリエイティブ・マインドを持つ“Jakob Herrmann”氏です。

本作はエンジニア/プロデューサー/ミキサーである“Jakob Herrmann”氏によって、可能な限り幅広いサウンドパレットを提供するために、4種類の対照的なキットと、ステージの端、バルコニー、劇場の息を呑むような部屋の他の重要な位置に配置されたアンビエンス・マイクが収録されています。

重厚なロック・トラックやアンビエント・ポップ・ソングを作りたいのか、それとも単にジャンルにとらわれないドラムの大規模なコレクションが欲しいのか、慣習を超えたオーディオ・ビジュアルの幅が欲しいのか、このEZXはあなたの新しい頼みの綱になるでしょう。

  • 1859年に建てられたヨーテボリの伝統的な劇場「Stora Teatern」でレコーディング。
  • スウェーデンのヨーテボリにある「Top Floor Studios」で“Jakob Herrmann”氏がエンジニアを担当。
  • 汎用性の高い4種類のコンプリートキット。
  • コンサートタム、キック、スネア、シンバルのセット。
  • 轟音のロックやメタルから、モダンなアンビエント・ポップ、ソウルなどにも最適なサウンド。
  • アンビエンス・マイク(ステージ奥、天井、バルコニーなど)を複数装備。
  • 幅広いマイク・セットアップのバリエーションとスタイルに対応するミックス用プリセット付き。
  • キットに合わせたユニークなMIDIグルーブ&フィル集を収録。

参考記事:【PR】初心者にも簡単に使えるおすすめドラム音源、TOONTRACK「EZ DRUMMER 2」レビュー

参考記事:【PR】巨匠エンジニアが手がけた最高品質のドラム音源、Toontrack「Superior Drummer 3」レビュー

Superior Drummer 3もしくは、EZ Drummer 3が必要です。

価格は9,900円となっています。

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。