【無料】Sixth Sampleと共同で開発された豊富な機能を持つディレイ・プラグイン、Integraudio「Deelay」が無償配布開始!

Sixth Sampleと共同で開発された豊富な機能を持つディレイ・プラグイン、Integraudio「Deelay」が無償配布開始です。

Deelay

Sixth Sampleと共同で開発されたIntegraudioのDeelayは、現代のプロデューサーに向けた豊富な機能を持つディレイ・プラグインです。

ディレイエフェクトは、音楽プロデューサーにとって必要不可欠なものです。

事実上、すべてのDAWにはディレイプラグインが付属しており、通常は問題なく使用することができます。

しかし、時折、サウンドデザインに適したものを使用する必要性に直面することがあります – そして、全く新しいDeelayは完全に無料で、様々なサウンドを実現することができます。

5つの動作モードと多くの種類の歪みステージを提供します。同様に、無料や有料のプラグインではほとんど見かけない様々なパラメータを見つけることができます。

これらにより、ディレイの動作方法をカスタマイズすることができます。さらに、Deelayの能力を発見するために、複数のカテゴリーにレイアウトされた膨大な数のプリセットが特徴です。

多くのフリーディレイプラグインは、シンプルすぎたり、複雑すぎたりする傾向がありますが、Deelayは、むしろ良いバランスを見つけることができます。

トラックルーティングで複数のプラグインを使用する必要があるような多くの機能を提供します。同様に、ピンポンモード、モノラルスイッチ、ミリ秒モード、トリプレットとドッテッドタイミングのシンクモードなどのクラシックな機能も含まれています。

そのため、実験的な機能を探求しながらも、時間と労力を節約することができます。

Diffusion

Deelayのエコーを滑らかにして、エフェクトをリバーブのように聞こえるようにします。Diffusionを少量加えることで、ディレイサウンドをよりはっきりさせることができます。

さらに、このプラグインでは、拡散の量、サイズ、品質を変更することができます。diffusion qualityスライダは、拡散音のにじみ具合や滑らかさを変更します。

Modes

ノーマル、リバースフォワード、ピュアリバース、カオス、リバースカオスの5つのディレイモードを提供します。

‘reverse forward’モードは、フィードバックシステムのためにディレイにフィードバックされる前に、ディレイサウンドを反転させます。そのため、1回おきに反転したエコーが生成されます。

逆に、’pure reversed’ モードは全てのエコーを反転させます。

‘chaos’モードは、各エコーのピッチ間隔を変更します。

Distortion

11種類のディストーションを提供し、ディレイウェットに適用されます。サチュレーション、非対称、クリップ、チューブ、レクティファイ、クラックリー、ライトニング、アンプ、バンピー、レイザー、ピクセル化などです。

しかし、他のディストーションタイプは伝統的なディストーションエフェクトをエミュレートしているわけではありません。例えば、’crackly’はジッターワイヤーをエミュレートし、’pixelated’は低いビット深度でノイジーなローファイ効果を追加します。

同様に、’lightning’タイプは、ホワイトノイズと一緒に厳しい歪みを追加します。さらに、bumpyやrazorなどの他のタイプは、異なる周波数帯域を優先しているように聞こえます。

Tape

ユーザーインターフェイスの右下にTapeノブを備えています。このパラメーターは、テープレコーダーのようなワウとフラッターを追加します。

さらに、プラグイン自体には記載されていませんが、フラッターはかなりオーバーパワーになりますが、ワウの効果は30ipsのマスタリングテープに似ていると思います。

このように、テープのパラメータを調整することで、かなり説得力のあるテープ効果を得ることができます。0msのディレイとテープ、そしてマイルドなPixelatedディストーションを使えば、Deelayをテープエミュレーターとして使うことも可能です。

Ducking

ユーザーインターフェースの真ん中にある一番上のパラメーターがDuckです。これは基本的に、ドライ信号が再生されるたびにウェット信号の音量を下げます。

つまり、ドライ信号を濁らせないようにするのに優れているわけです。さらに、ダックのアタックとリリースのタイミングをカスタマイズすることができます。

Sound

ディレイエフェクトとして、完全に透明で、あなたが必要とするすべての機能を提供します。しかし、ディストーションと一緒にフィルターセクションを追加することで、フィードバック音を変化させることができます。

12dB/octaveのスロープを持つハイパスとローパスのフィルターが用意されています。そして、それらをサイドチェイン・インプットまたはフィードバック・アウトプットに割り当てることができます。

ダウンロードはこちら