4オシレーターを搭載したウェーブシェイプシンセサイザー、Cherry Audio「Sines Synthesizer」リリース!

4オシレーターを搭載したウェーブシェイプシンセサイザー、Cherry Audio「Sines Synthesizer」リリースです。

Sines Synthesizer

Sinesは、センセーショナルで革新的なオリジナルのポリフォニック・シンセサイザーです。

4つの正弦波オシレーターを使用し、多様なウェーブシェイプ手法により、基本的な波を無限に変化させ、複雑な形状に変化させることができます。幅広いモジュレーション機能とエフェクトを組み合わせることで、崇高なものから灼熱のものまで、さまざまなユニークな音色を作り出すことができます。

最先端のSinesインターフェースは、すべてのサウンド・パラメーターに即座にハンズオンでアクセスすることができます。照明付きのインジケーター、カラー、ミニ・オシロスコープを搭載し、視覚的なフィードバックを即座に得ることができます。

サウンドデザインの主要なコントロールは、4つのLFO、4つのオシレーター、4つのエンベロープジェネレーターという「4 of everything」の性質を強調するバンドに水平にグループ化されています。各セクションの核となるのは、フィードバック、フェーズ、ワイド、シェイプ、ウェーブフォールド、ドライブといったユニークな正弦波オシレーターの波形調整と、サブ(オクターブ下)オシレーターとスーパー(オクターブ上)オシレーターです。フェイズ・モジュレーションとレシオ・ダイヤルは、オシレータをモジュレータ/キャリアとして構成し、4-op DX/FMスタイルのシンセサイザーとして使用することができます。

しかし、これらの危険なカーブはほんの始まりに過ぎません。Sinesは、Cherry Audioのこれまでで最も広範なマルチモード・フィルター、14の波形による4つのLFO、4つのエンベロープ・ジェネレーター、アルペジオ、Cherry Audioの最も高く評価されているエフェクトの「ベスト盤」、ドリフト機能、内蔵8バンド・グラフィックEQを搭載しています。

多くのコントロールに隣接したモジュレーション・ソース・ボタンがあり、非常に包括的な4スロットのモジュレーション・マトリクスは、ほぼすべてのSinesパラメータに多数のモジュレーション・オプションを提供します。

Sinesをマスターすることはロケットサイエンスのように思えるかもしれませんが、Cherry Audioは簡単に始められるようにしました。Sinesには、実用的かつ最先端の500以上のプリセットと、読んでいて楽しい包括的なユーザーガイドが含まれています。

さらに、Sinesの聴覚的、視覚的な臨場感は、実験を促し、要素がどのように相互作用するかをより深く理解することができます。進化するパッド、明るいFM音源、個性的なリード、鮮明なパーカッシブ・トーンなど、個性的なサウンドを短時間でデザインすることができます。

Sinesは、3つの直接的なサウンドデザインに適しています。標準的な減算方式の合成では、サイン波が他のおなじみの波形に波形整形され、アナログスタイルのフィルターで処理されます。加法的合成法では、異なるピッチと振幅のサイン波を積み重ね、ハモンドトーンホイールオルガンのようなサウンドを作り出します。

さらに、オシレータは複数の構成で互いにモジュレートすることができ、80年代のオリジナル楽器よりもはるかに少ない労力で、クラシックなDXスタイルのFMキャリアとモジュレータの構造を模倣することができます。

通常9,400円のところ、6,200円となっています。

購入はこちら(PluginBoutique)

購入はこちら(ADSR)

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。