限りなく正確なヘッドフォン・キャリブレーション、Sonarworks「SoundID Reference for Speakers & Headphones with Measurement Microphone」(箱ダメージ品)が25%OFF!

限りなく正確なヘッドフォン・キャリブレーション、Sonarworks「SoundID Reference for Speakers & Headphones with Measurement Microphone」(箱ダメージ品)が25%OFFとなっています。

※マイク付属の製品です。

赤字覚悟の緊急大放出セール。数量限定製品も多数あり。

Rock oN緊急大放出セール会場はこちら➡︎【Rock oN Company】

Reference for Headphones (retail envelope)

世界で唯一、スピーカー/ヘッドフォン、全てのPC出力に対応する音響補正ソリューション

形状・材質など部屋によるモニター・スピーカーへの影響、そしてヘッドフォンの特性によって再現される音響は変わってしまいます。そこでSoundID Reference は、モニターの精度の問題を解消し、他のスピーカーシステムとの親和性を飛躍的に向上させます。

SoundID Reference は測定用ソフトウェアと、DAW側で起動するキャリブレーション・プラグインで構成。その先進のDSPによって、モニタースピーカーに対するルームの影響を中和し、ヘッドフォンはフラットに。より信頼性の高いリファレンス・サウンドを提供します。

DAWプラグイン

SoundID Referenceはゼロレイテンシー処理を搭載しているので、レコーディング、プロデュース、ミキシング、マスタリング中でも使用できます。プラグインは様々なフォーマット(AU、AAX Native、RTAS、VST)に対応しているので、あらゆる主要なDAWで動作します。

YouTubeやiTunes、Netflixも補正

SooundID ReferenceはDAW上のプラグインでも使用できる上、PCシステム全体でのオーディオをキャリブレーションも可能。iTunesやYouTube、ウェブブラウザ、その他のソフトウェアを使用する際にも、フラットで正確なサウンドを楽しむことができます。

これまでMac環境のみの対応でしたが、SoundID Referenceでは、Windows向けに新しいドライバを提供しSystem Wideのレイテンシーがニアゼロになりました。

スピーカー、ヘッドホンを自在に行き来。

スピーカー、ヘッドフォンを複数をお持ちの場合、それぞれプリセットを登録してもらうことで、ボタンひとつで簡単に切り替えが可能です。スピーカーとヘッドフォン間を行き来しても補正された環境でのリスニングを実現します。

SoundID Reference専用測定マイクに合わせて測定

部屋を測定する際の専用マイクは出荷時に検査、測定しそして個別にシリアルが割り当てられています。 そのシリアルを測定時に入力することでマイク出荷時の周波数特性を踏まえた上で、部屋の周波数特性を測定します。

そのため、より正確でフラットで正確な測定と補正を行います。

購入はこちら

通常42,900円のところ、31,800円となっています。

購入はこちら

赤字覚悟の緊急大放出セール。数量限定製品も多数あり。

Rock oN緊急大放出セール会場はこちら➡︎【Rock oN Company】

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。