【サイバーシーズンセール】曲作りのプロセスを加速させ制作のアイディアを得ることができる最新のエレキギター音源、Native Instruments「SESSION GUITARIST – ELECTRIC MINT」が50%OFF!

曲作りのプロセスを加速させ制作のアイディアを得ることができる最新のエレキギター音源、Native Instruments「SESSION GUITARIST – ELECTRIC MINT」が50%OFFとなっています。

Native Instrumentsでは、最大75%OFFとなるサイバーシーズンセールを開催中です。合わせてチェックしてみてください。

Native Instrumentsサイバーシーズンセール会場はこちら

SESSION GUITARIST – ELECTRIC MINT

ELECTRIC MINTは、世界で最も有名なソリッドボディエレキギターの独特なフレーバーを捉えた音源で、1960年代のアメリカ製オリジナルビンテージがサンプリングに利用されました。

絹のようなリックやソウルフルなグルーヴを紡ぐ時も、切り裂けるような轟音ソロを鳴らす時も、弾けるようなファンクのメロディを奏でる時も、ELECTRIC MINTは最新の楽曲に時代を超越したトーンを提供し、パターンと内蔵されているMIDIのコード進行であらゆるスタイルの演奏が可能です。

  • 組み合わせ可能な3つのシングルコイルピックアップを搭載した、ソリッドボディエレキギターの象徴的なサウンド
  • 多彩なジャンルに適した222種のストラム奏法とピック奏法のパターンを収録
  • コード進行を選択したり自作メロディの演奏も可能

A TRINITY OF TONE

ロックンロールからソウル、ファンク、R&B、レゲエ、ドリル、またはその中間まで、ELECTRIC MINTモデルは6弦ギターをポピュラー音楽の中心に導きました。3つのピックアップを組み合わせることでトーンコントロールの世界が広がり、この50年間で最も象徴的なギタリストが使うツールとして有名になりました。

SWITCH UP YOUR SOUND

コンパクトなパッケージに詰まったパワフルなリグ。インストゥルメント内部で音色を調整し、ビンテージのダイナミックマイクロフォンの信号をブレンドして、アンプのコレクションや、新しいスピーカーキャビネットのエミュレーションに。D.I.やクリーントーン、クランチやハイゲインまで、71種類のサウンドプリセットを収録した拡張ライブラリをブラウズすることができます。

新しいSUPERCHARGER GTコンプレッサー、典型的なワウワウパターンをエミュレートする‘Cry Wah’エフェクト、アンプを異なる空間で聴くことができるコンボリューションリバーブなど、豊富なスタジオ級エフェクトのコレクションを駆使して、シンプルなサウンドから巨大なエフェクトチェーンまでを作成することが可能です。

DRAG-AND-DROP MIDI PATTERNS

ブラウザ内の新しいジャンルタブを使えば、曲作りを簡単に始められます。ソングプリセットをクリックすれば、パターンやエフェクトをプレビューすることもできます。

各パターンに備わった4小節のコード進行を試してみましょう。それからDAWにコード進行、フレーズ、ボイシングをドラッグ&ドロップすれば、オリジナルパターンをカスタマイズできます。さらにELECTRIC MINTではプレイバックエンジンが改良されたため、よりリアルなファンクパターンを奏でることもできます。

TWO WAYS TO CREATE

専属の万能なセッションプレイヤーがあなたのDAW環境に。収録されているフレーズ、ボイシング、コード進行からインスピレーションを得たり、オリジナルのリズムを残したまま独自のボイシングやフレーズを重ねることもできます。さまざまなジャンル、演奏スタイル、アーティキュレーション、テクニックを網羅したパターンを用いて、新しい曲のアイデア作りや、最終の仕上げまでも行えます。

LIFE-LIKE LICKS

メロディ専用インストゥルメントはフィンガー奏法またはピック奏法が選択可能で、エンジンはリアルなハンマーオン、プルオフ、スライド、レガートなどを生成することができます。ミュートした音の減衰を変えたり、ダウンビートとオフビートでアクセント位置を変えたり、楽曲に合うようにスイングやヒューマナイズを調整したり、トレモロバーとフィンガービブラートで表現力豊かなピッチコントロールも可能です。

Kontakt Player(無料)に対応しています。

通常13,400円のところ、6,700円となっています。

購入はこちら

Native Instrumentsでは、最大75%OFFとなるサイバーシーズンセールを開催中です。合わせてチェックしてみてください。

Native Instrumentsサイバーシーズンセール会場はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。