【メガセール】Fusionのミッドサイドプロセッシング回路をエミュレートした、Solid State Logic「SSL Fusion Stereo Image」が82%OFF!

Fusionのミッドサイドプロセッシング回路をエミュレートした、Solid State Logic「SSL Fusion Stereo Image」が82%OFFとなっています。

Solid State LogicではFusionシリーズがすべて82%OFFとなるMegaセールを開催中です。

Fusionメガセール一覧

SSL Fusion Stereo Image

SSL Fusion Stereo Imageプラグインは、ステレオアウトボードハードウェアプロセッサSSL Fusionのミッドサイドプロセッシング回路をモデルにしています。

この真のアナログ回路は、ステレオ信号を2つのチャンネルに分離する技術を利用しています:中央の音(M)の和(L+R)と左右の音(S)の差信号(L-R)で、WIDTHコントロールを使ってステレオイメージを狭くしたり広くしたりすることができます。SPACE回路は、Stereo Shufflingの概念に基づいた周波数依存の幅コントロールで、ミックスに興味深い深み効果を注入することができます。DAWで使えるようになりました

SSL Fusion Stereo Imageは、SPACE回路の周波数カットオフを変更するための全く新しいSHUFFLEコントロール、内蔵のポーラーサンプルベクトルスコープによる信号のステレオフィールドへの洞察、SOLO SIDE機能による信号のステレオフィールドを簡単に試聴することができます – SSL Plug-in Engine A/B-ing functionと組み合わせて、あなたのミックスにどんな違いをもたらすかをお試しください。

  • SSL Fusion Stereo Image Processorをモデルとしています。
  • 1931年にEMIのエンジニア、アラン・ブルムラインがモダン・ステレオを発明したことをルーツとするコンセプトに基づいています。ステレオシャッフリング
  • WIDTHコントロールは、サイドシグナルのレベルを上げ、ステレオイメージを狭めたり広げたりすることができます。
  • SPACE コントロールは、サイドシグナルの低域をブーストまたはカットすることができます。
  • SHUFFLEパラメータは、SPACE回路の周波数カットオフを微調整することができます。
  • ポーラーサンプルプロット・ベクトルスコープを使用して、信号のステレオイメージを視覚化することができます。
  • SOLO SIDEを使用して、信号のステレオ成分を簡単に試聴することができます。
  • M/S’トグルを使って、入力と出力のメーターを簡単にミッドサイドモードに落とすことができます。
  • SSLプラグインエンジンを搭載。
  • オリジナルのアナログ回路設計を参考にした卓越したDSP設計。
  • 実測値、アナログ回路設計、SSL FUSIONハードウェアのオリジナルアナログデザイナーとの密接なコラボレーションを組み合わせてモデリングされています。
  • SSL FUSIONのプリセットマネジメントとA/B-ingシステム。
  • UNDO/REDOをサポート。
  • 世界的なプロデューサーやエンジニアのプリセットが満載。Adrian Hall, Alan Moulder, Caesar Edmunds, Charlie Holmes, Michael Brauer, Romesh Dodangoda, Sean Divine などの世界的なプロデューサーやエンジニアのプリセットを搭載しています。

通常30,400円のところ、5,300円となっています。

購入はこちら

Solid State LogicではFusionシリーズがすべて82%OFFとなるMegaセールを開催中です。

Fusionメガセール一覧

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。