ウェーブテーブルを自由にモーフィングするシンセサイザー、Klevgrand「Tomofon」リリース!

ウェーブテーブルを自由にモーフィングするシンセサイザー、Klevgrand「Tomofon」リリースです。

Tomofon

Klevgrand Tomofon はウェーブテーブルを自由にモーフィングする画期的で斬新なシンセサイザー。 Tomofon は、実際のオーディオから抽出された膨大な波形を処理する独自の機能と、革新的な「Audio Model」フォーマットを採用しています。

付属のAudio Model スターターパック (インストゥルメントとボイス) とプリセットでのプレイはもちろん、独自のオーディオをインポートして独自のサウンドスケープを形作ったりする場合においても、Tomofonはあなたをクリエイティブの旅路に誘うでしょう。

There are already lots of synths and samplers around, so why this?

端的に言えば、Tomofonはサンプラーとは異なります。 Tomofon自体が楽器としての思想を持っており、必ずしも実在の楽器やボイスを模倣することを目的とはしていません。 Tomofon は新開発「Audio Model」フォーマットを導入しています。Audio Model フォーマットは、複雑独自に構築できるレイヤーと膨大な量の実波形のセクション間でシームレスにモーフィングされます。これにより、オーガニックでありながらも、この世のものとは思えないような、即座に再生可能なシンセサイザーとして活躍するでしょう。サウンド・デザインにおいてTomofonの可能性は非常に広く、かつマルチレイヤーに対応しており、デスクトップに新風を巻き起こします。

How does it work?

Tomofon はオーディオ・ファイルを多数のウェーブ・セットにインポートし、波形をピッチゾーンにマッピングします。 (サンプラーが異なるベロシティ・ゾーンに亘って展開する構造に少し似ているかもしれません)。 主な違いとしては、各ゾーンには通常のサンプルではなくウェーブが配置されているために、シンセエンジンがそれらの間 (レイヤーとゾーンの両方) でモーフィングできることです。 これにより、ゾーンとレイヤー間のすべてのトランジションが連続的かつシームレスに機能します。 整理されたウェーブテーブルを含む構造をKlevgrandは「Audio Model」と名付け、Tomofon にダイナミックな特性と特徴的なサウンドをもたらしています。

Create and share your own unique sounds

Tomofon の重要な機能は、ユーザーが独自のオーディオ・ファイルをインポートして、さらに新しい独自の「Audio Model」を作成できることです。 通常のオーディオ・ファイル (できればモノフォニック コンテンツを含む) は、自動または手動で簡単にインポートし、キーボードのさまざまなピッチ・ゾーンにマッピングできます。 自動インポートの実行は、基本的にワンクリック・プロセスであり、即座にプレイ可能な「Audio Model」を適切に生成します。 手動インポートを扱うことで、ユーザーはどのウェーブをどのピッチ・ゾーンに充てるか、完璧な制御に対応します。そして最後に、自身で作成した「Audio Model」を他のユーザーと共有することにも対応しています。

Included in Tomofon v1.0

Tomofon には、124 個のAudio Modelのパックが予め読み込まれており、180 を超えるプリセットをダウンロードして活用できます。さらに既存のAudio Modelをチューニングしたり、プラグインのビルトイン・エディターの使用を開始して、独自のサウンドをインポートし様々な工作を行えるようになっています。 Klevgrand は今後、より多くのインストゥルメント (Audio Model パックとプリセット) を追加する計画を進行中ですので今後のリリースにもご期待ください。Tomofonia はまだ始まったばかりです。

Features

シンセ・エンジンには、Audio Modelを最大限プレイするためのパワフルな機能が詰まっています。 音楽ワークフローをサポートする直感的な方法ですべてが表示されます。

通常20,100円のところ、15,400円となっています。

購入はこちら

「音」に関わるすべての方に。音楽制作に役立つ製品を在庫一緒大放出!! 今年は第一弾としてスタッフが厳選した製品を大放出いたしまします。スタジオデスク、アウトボード、ソフトウェア、などなど…このチャンスをお見逃しなく。 このチャンスは全製品在庫限りです。

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。