【無料】Cinematique Instrumentsからのクリスマスプレゼント!ユニークな音源ライブラリ「MAD LIBS」無償配布開始!

Cinematique Instrumentsからのクリスマスプレゼント。

ユニークな音源ライブラリ「MAD LIBS」無償配布開始です。

MAD LIBS

シネマティック・インストゥルメンツの人たちが作ったパーソナルな音源です。

今年は何か特別なお礼をしたいと思いました。そこで、各チームメンバーは、他のメンバーが何をしているのか全く知らないまま、2、3個の音を作りました。その結果、エキサイティングで、即興的で、ランダムな、本当のマッド・リブが出来上がりました。そして、音楽家の頭脳を覗き見するチャンスでもあります。

私たちはこの個人的なコレクションを小さな楽器に詰め込み、いくつかのエフェクトとオプションを追加し、ボリュームコントロール付きの2つのパラレルスロットを作り、同時に2つの楽器を演奏することができるようにしました。

なぜ、何が入っているのか?なぜどのような音を作ったのか、どのように作ったのかを数行で説明します。聞いてください…

Nati:思いがけない音源や安い機材を最大限に活用しようと、NatiはPLASTIC CHAINとMETALLIC BREWというサウンドを思いつきました。前者は、私たちの誰もが持っている最も安価なギターペダルを使用しました。後者では、私たちのスタジオで日常的に鳴っているちょっと変わったノイズを何層にも重ねて使っています。

Eric:「ガラスの縁をこする音をグラニュラーディレイにかけたら、どんな音になるだろう?その結果は、「BOWED GLASS GRAINS」と「LOW BIT CHOIR」というサウンドで聴くことができますよ。

Till:ギターペダルの実験をしているうちに、ベースの音にどのような影響を与えるかを知りたくなった。その実験から、彼はEVIL BASSを手に入れたんだ。でも、Tillはいい子で全然邪悪じゃないから、ユーモアを交えてクリスマスっぽいことをしようと思ったんだ。そこで、HO HO HOと自分で言うのも録音しました。

Jumpel:「Sky」シリーズのサスペンス・トラックを書くために、Jumpelはガムラン・オーケストラの音をランダムに再生し、逆再生と順再生を行った。その結果生まれたテクスチャー「MYSTIC WASP BELLS」と、この作曲セッションのもうひとつの深い、生々しいレイヤー「CONCEALED SHADOW」をみなさんと共有したいと思います。

Rene:テープアーチファクト、ジェネレーションロス、ホワイトノイズ、フラッター、ヒス、ワウなどは、レネにインスピレーションを与えたもののほんの一例です。CURSUS HIGHとCURSUS LOWでは、シンセオシレーターを使って、不気味でノスタルジックな、背筋の凍るようなサウンドを作り出しました。

Valentin:エレクトロやテクノに使えそうな音を探して、電磁界マイクを使ってスタジオを回り、ざわめきやシューという音、ノイズを組み合わせて、「MONITOR」と「RADIO TRANSMISSION」を作りました。

Jonas:GRANULAR SINEとTAPE DIRTは、穏やかでシンプルという彼のキャラクターを音で表現するために制作されました。

ダウンロードはこちら

 Kontaktフルバージョンが必要です

Kontakt本体の購入はこちら➡︎Kontakt 7

KontaktはKOMPLETE無印以上に含まれます➡︎Komplete 14 Standard

ダウンロードはこちら

「音」に関わるすべての方に。音楽制作に役立つ製品を在庫一緒大放出!! 今年は第一弾としてスタッフが厳選した製品を大放出いたしまします。スタジオデスク、アウトボード、ソフトウェア、などなど…このチャンスをお見逃しなく。 このチャンスは全製品在庫限りです。

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。