【12/27まで】オーケストラにインスパイアされたアナログシンセライブラリ、Sonokinetic「Sotto X」リリース!イントロプライス32%OFF!

オーケストラにインスパイアされたアナログシンセライブラリ、Sonokinetic「Sotto X」リリースです。

イントロプライス32%OFFとなっています。

Sotto X

Sotto Xは、David Carboneによって提案されたオリジナルSottoライブラリのアナログシンセのリミックスです。

オーケストラの名曲を豊かなシンセサイザー・フレーズで再構築するという彼のエキサイティングなコンセプトに飛びついた彼らは、そのアイデアを実行し、それ自体が完全なライブラリに成長しました。

SonokineticはDavideと同じように、古いシンセサイザーのサウンドを愛し、ビンテージハードウェアはSonokineticのチームにとって長い間魅力的なものでありました。

駆け出しの音楽プロデューサーだったSonokineticは、ハイエンドのオーケストラ録音ができるようになるずっと前から、MIDIプログラミングとシンセサイザーだけでオーケストラセクションの複雑なファクシミリを作り上げていました。

Sotto Xは、Sonokineticがこの旅を一周させ、お気に入りのオーケストラ・フレーズ・ライブラリにさらなる次元を追加します。Soto Xは、Sonokineticの人気コレクションSottoの完全なアナログ、シンセサイザーバージョンです。それ自体が非常に演奏しやすく、また、既存のSottoオーケストラ・フレーズを補完するように設計されています。

シンセの音色とポストプロダクションのエフェクトは、アナログ信号経路を使用して作成され、録音されています。

Sotto XのためにSonokineticが協力したのは、オーストラリアのSamplifyのサウンドデザインの魔術師たちです。レトロな機器の達人である彼らは、Sottoのオリジナルオーケストラのスコアを、みずみずしいアルペジオとメロディックなパッドに変換しました。

Roland、Korg、Moog、Oberheimのクラシックモデルを含む膨大なビンテージシンセのコレクションを使い、Samplifyチームはその専門知識でハードウェアから最大限の暖かみと感情を引き出します。

その結果、オーケストラにインスパイアされながらも、マルチジャンルのスコアリングに十分な汎用性を持つ、他に類を見ないシンセパフォーマンスのコレクションが生まれました。さらに、リバーブ、ディレイ、コンプレッションなど、豊富なアナログ・プロセッシングを駆使して信号経路を強化。

もちろん、コード認識、ハーモニックシフト、ランダム化など、Sonokineticの器用なテンポシンク付きプレイバックエンジンの典型的な機能はすべて備えています。

Synths 

  • ROLAND JUPITER 8
  • ROLAND JUPITER 6
  • ROLAND SH-2
  • ROLAND JUNO 60
  • KORG POLYSIX
  • KORG PROLOGUE
  • KORG MS20
  • MOOG ONE
  • MOOG SUB 37
  • ARP 2600
  • ARP ODYSSEY
  • ARTURIA MATRIXBRUTE
  • OBERHEIM OB-8
  • OBERHEIM OBX-8
  • SEQUENTIAL PROPHET 10
  • SEQUENTIAL PROPHET 6
  • SEQUENTIAL PROPHET 5
  • YAMAHA CS30

Outboard FX

  • EVENTIDE H3000
  • ARTURIA BUCKET BRIGADE ANALOGUE FX
  • BRICASTI M7
  • ENSONIQ DP4
  • ALESIS MIDIVERB
  • LEXICON ALEX
  • ROLAND RE-201
  • ROLAND SDE-2500

Preamps

  • TELEFUNKEN V72
  • NEVE 1084
  • NEVE 1073

Kontakt Player(無料)に対応しています。

通常14,700円のところ、9,900円となっています。

購入はこちら