Reason Studios「Reason 11」リリース!他社DAWでReasonプラグインが使用可能に!

Reason Studios(旧Propellerhead)「Reason 11」リリースです。待望の他社DAWでReasonプラグインが使用可能になりました。これはインパクトのある大きな変化です。

Reason 11

Reason Rack Pluginは、レジェンドシンセサイザー、楽器、エフェクトのラックをDAWで使用できるようになりました。Reason 11は、6つの新しいデバイス、多数のワークフローの改善、および新しいReason Suite製品も備えています。

Reason Rack

Reason10では、サードパーティのVST/AUプラグインがReason内で使用出来るようになり話題になりましたが、今度はCubaseやStudio OneなどのDAWでReasonのエクステンションが使用可能になりました。

Reason Rack(VST/AU)プラグインを立ち上げて使用します。同時にRewireはディスコンとなっています。※Reason Rack AUプラグインは2019年年末リリース予定。

新音源 Scenic

シネマティック、アトモスフィアサウンドのScenicが新たに加わりました。その他にもエフェクトデバイスが5種類追加されています。

Reason Intro、Reason、Reason Suiteの3種類のグレードが用意されています。既存ユーザーはアップグレード可能です。DAWでReasonのソフトウェアを使用するだけの為に買っても良いと思います。

2019年8月1日以降にReason10を購入された方は無料アップグレード対象となるようですね。

Reason Studios

サウンドハウス⇒PROPELLERHEAD ( プロペラヘッド ) / Reason 10

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。