【4/28まで】クラシックなシンセサウンドを模倣したモダンなオーケストラ音源、SPITFIRE AUDIO「POLARIS」リリース!

クラシックなシンセサウンドを模倣したモダンなオーケストラ音源、SPITFIRE AUDIO「POLARIS」リリースです。

POLARIS

『POLARIS』は、グラミー賞にノミネートされた作曲家であり、電子音楽のパイオニアであるBrian Transeau(別名BT)とSPITFIRE AUDIOのコラボレーションにより生み出された、クラシックなシンセサイザーの音を模倣したモダンな弦楽オーケストラ音源です。

このライブラリは、ロンドンのトップクラスの現代弦楽奏者たちによって、有名なAIR Lyndhurst Hallでレコーディングされ、クラシック且つ貴重なシンセサイザー(Fairlight、EMU E-IIなど)を使用しリサンプリングされており、複雑でありながら親しみやすい音色を持っています。

  • シンセサウンドを模倣したモダンなストリングスオーケストラ
  • eDNAエンジンによる無限にカスタマイズ可能なサウンド
  • さらなる音の発見をもたらす新型グラニュラーエンジン
  • 129種類のアーティキュレーション
  • eDNAエンジンで使用できる35のレイヤー ‘Synergy’ パッチ
  • 421のプリセット
  • 54のノイズソース
  • 10種類のシグナル

通常43,200円のところ、イントロプライスで、33,300円となっています。

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。