60年代のクラシックなヴィンテージ・サウンドを実現するEBX拡張ライブラリ、TOONTRACK「EBX – THE SIXTIES」リリース!

60年代のクラシックなヴィンテージ・サウンドを実現するEBX拡張ライブラリ、TOONTRACK「EBX – THE SIXTIES」リリースです。

EBX – THE SIXTIES

『EBX – THE SIXTIES』は、ポピュラー音楽の歴史において最も象徴的で、決定的な時代である1960年代を表現することを目的として制作されたEBX拡張ライブラリです。

60年代の雰囲気、サウンド、そしてその特徴である太く、暗く、土臭いサウンドを、そのサウンドトラックの主役となったベース・モデルを収録しています。音的にも視覚的にも、過ぎ去った時代のイメージをこれほどまでに鮮明に描き出す楽器は他にないでしょう。

関連記事:【PR】Toontrack EZbassレビュー

ベースにはクラシックなフラット・ワウンド弦が張られ、指による演奏とピックを使ったパームミュートの2種類の異なる演奏スタイルでレコーディングされています。これにより、同じ楽器で対照的な表現が可能とし、伝統的なドスの効いた音から、シャープな音まで、幅広い音域をカバーすることができます。

さらに当ライブラリには、幅広い音色を実現する豊富なプリセットと、楽器と時代に合わせてカスタマイズされたMIDIベースラインのカスタム・ライブラリーが搭載されています。60年代へ戻る準備はできましたか?

  • 1960年代初頭のクラシックなバイオリン・スタイルのエレクトリック・ベースを緻密にキャプチャ。
  • 60年代の特徴的なサウンドとシーンにインスパイアされています。
  • 繊細でアコースティックな音楽から、本格的なポップスやロックのセットアップまで、あらゆるジャンルに最適です。
  • クラシックなフィンガー・プレイスタイルと、ピックでサンプリングしたパーム・ミュート・オプションを収録しています。
  • D1~E4までの音域を提供。
  • 時代を反映した幅広い音色をカバーするプリセット・コレクションを収録。
  • この楽器のために作られたカスタムMIDIライブラリーを付属。

EZ BASS本体が必要です➡︎EZ BASS

価格は9,900円となっています。

購入はこちら

1800年代半ばに発足した巨大な劇場でレコーディングされたEZX拡張音源、Toontrack「EZX – BIG STAGE」リリース!

2022.06.09

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。