Synchron Stageの優美な響きが加わった「サロン・オルガン」を奏でるライブラリ、VIENNA「SYNCHRON MOLZER ORGAN」リリース!

Synchron Stageの優美な響きが加わった「サロン・オルガン」を奏でるライブラリ、VIENNA「SYNCHRON MOLZER ORGAN」リリースです。

SYNCHRON MOLZER ORGAN

『SYNCHRON MOLZER ORGAN』は、数多くの映画作品などでも使用されるスコアリング・ステージ「Synchron Stage Vienna」のStage Aで収録された、サロン・オルガン音源です。

歴史的なサロン・オルガンをスコアリングステージでサンプリングするのはこれが初めてで、同じルーム感の様々なオーケストラとシームレスに融合させることが可能です。サロン・オルガンは一般的なパイプ・オルガンに比べると遥かに小さいですが、由緒あるサロン・オルガンはダイナミクスと色彩ある音色を持ち、荘厳なファンファーレからおとなしめなサウンドまで幅広く演奏可能です。

Synchron Stageが誇る大きなホールの音響は、このオルガンの音に透明感を与え、ルームの小さい室内楽から大規模なオーケストラ作品、教会音楽まで、さまざまなスタイルに適しています。また、Vienna Organ Playerの豊富なミキサー・プリセットを使用すれば、あらゆる音響環境でソロ楽器として使用することも可能です。

25のストップを有するこのマルチプレックス・オルガンは、当時ウィーン音楽大学のオルガン製作の教授であったFerdinand Molzerによって1938年に製作されたものです。2つのマニュアルとペダルボードに加え、プリンシパル/フルート/ストリングスの3列のフリューパイプを備えており、木、亜鉛、オルガン用合金によって作られた267本のパイプは、10mm ~ 2.5mの長さを持ちます。

また、ロマン派オルガンの定番であるクレッシェンド・ローラー(ロール・スウェラー)は、ピアニッシモからトゥッティまで、音域の追加・削除によるシームレスなクレッシェンドが可能です。さらに、オーストリアのオルガン製作者Franz Eisenhutによって修復・微調整された4つの音型(ピアノ/メゾ・フォルテ/フォルテ/トゥッティ)が特徴です。

通常13,090円のところ、10,340円となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。