【7/24まで】シンセやエフェクターを自作できる、Blue Cat Audio「Blue Cat’s Plug’n Script」が20%OFF!

シンセやエフェクターを自作できる、Blue Cat Audio「Blue Cat’s Plug’n Script」が20%OFFとなっています。

Blue Cat’s Plug’n Script

Blue Cat’s Plug’n Scriptは、プログラミングの知識がほとんどなくても、自分だけのプラグインを書くことができます。プログラミングの知識がなくても、既存のスクリプトを使った通常のマルチエフェクトプロセッサーとして使用したり、何年も探しているがどこにもない特殊なユーティリティを他の人に書いてもらうこともできます。

経験豊富なプログラマーであれば、Plug’n Scriptはオーディオプラグインのための強力な開発環境です。アルゴリズムのプロトタイプを素早く作成し、最先端のGUIを一行のコードもなしに生成し、お気に入りのDAWからVSTプラグインを書き出すことができます! プラグインの作成は、かつてないほど高速になりました。

数年前から私たちの研究室にあり、多くの既存プラグインのプロトタイプに使用されています。ソースコードとして配布されているスクリプトと、コンパイル済みのバイナリスクリプトの両方をサポートしています。

ソーススクリプトには、もともとビデオゲーム用に開発された高性能なAngelScriptスクリプトエンジンを使用し、JITコンパイラによりスクリプトをマシンコードにコンパイルして最適なパフォーマンスを実現しています。バージョン 2 以降、プラグインはネイティブ(コンパイル済み)コードもサポートし、C または C++(あるいは Delphi、Fortran、Net などの C 関数をエクスポートできる言語)で構築されたバイナリスクリプトを、エンジェルスクリプト版と同じインタフェースで読み込むことができるようになりました。

エンジェルスクリプト言語の構文は、Java、C#、C++、JavaScriptに近く、非常に習得しやすくなっています。また、スクリプトをネイティブコードに再利用したり、Web上で見つけたコードスニペットをスクリプトに統合したりするのにも便利です。また、エンジェルスクリプトとバイナリ版の切り替えも非常に簡単で、ほとんど変更する必要がありません。

数十のオーディオおよびMIDI処理スクリプトと、ワークフローを強化するためのいくつかの仮想インストゥルメントとユーティリティが含まれています。これらはそのまま使用することもできますし、独自のスクリプトを書き始めるための例として使用することもできます。ユーザースクリプトはスクリプトリポジトリで共有でき、ファクトリースクリプトとネイティブプロジェクトも含まれているので、参考にすることができます。

通常14,600円のところ、11,700円となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。