80年代のベースサウンドを凝縮したEBX拡張ライブラリ、Toontrack「EBX – THE EIGHTIES」リリース!

80年代のベースサウンドを凝縮したEBX拡張ライブラリ、Toontrack「EBX – THE EIGHTIES」リリースです。

EBX – THE EIGHTIES

『EBX – THE EIGHTIES』は、80年代の象徴であるエレクトリックとエレクトロニックを奏でるため、ハイエンドなエレクトリック・ベース(Wal Mk1※)とクラシックなアナログ・シンセサイザー(Minimoog Model D※)の2種類の楽器が付属した、今までにないEBX拡張ライブラリです。楽器本体だけでなく、幅広い音色のプリセットやMIDIのカスタムライブラリも豊富に収録しており、すぐに作曲やプロデュースを始めることができます。

ポップスやロックからエレクトロニック、ニューウェーブやシンセポップまで、あらゆるジャンルに対応する80年代風のベース・トーンをお探しなら、まさにうってつけなライブラリです。

※いずれも本製品の開発のために、精密にサンプリングを行っています。

関連記事:【PR】Toontrack EZbassレビュー

  • ハイエンドなエレクトリック・ベース・ギターと、象徴的なアナログ・シンセサイザーをベースにしたシンセベースの2つのインストゥルメントを用意しました。
  • 80年代のサウンドと音楽にインスパイアされています。
  • ヴィンテージからモダンなサウンドのポップ、ロック、エレクトロニック作品まで、あらゆる作品に最適です。
  • エレクトリック・ベースはサンプリングされ、フィンガーとピックのオプションがあります。
  • シンセ・ベースは、プリセットごとに最大3つのユーザー制御可能なオシレーターを備えています。
  • いずれもA0からE4までの音域を提供します。
  • 80年代を彷彿とさせる幅広い音色を実現する豊富なプリセットを収録。
  • 各楽器に合わせたMIDIフレーズを収録。

EZ BASS本体が必要です➡︎EZ BASS

9,900円となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。