イマーシブミキシングのために設計されたダイナミクスプラグイン、Waves「Spherix Immersive Compressor & Limiter」リリース!

イマーシブミキシングのために設計されたダイナミクスプラグイン、Waves「Spherix Immersive Compressor & Limiter」リリースです。

Spherix Immersive Compressor & Limiter

Spherix Immersive Compressor and Limiterは、コンプレッサーとブリックウォールリミッターの2つのプラグインを搭載し、Dolby Atmos©などの7.1.4/7.1.2ミキシング環境で高速かつ効率的に作業できるように設計されたダイナミクスプラグインです。

クリアでパンチのあるサウンドで、没入感のあるミックスを簡単かつ迅速に作成可能です。

  • Spherix CompressorとSpherix Limiterを同梱
  • 7.1.4/7.1.2イマーシブフォーマットに対応した専用ワークフロー
  • チャンネル・リンクでグループ化されたスピーカー・ゾーン全体を処理
  • コントロール・リンクで複数のチャンネル(マルチモノ)を調整
  • 3つのフロントウォール・リンキングオプション(L+R、L+R+C、L+R+C+LFE)
  • マルチチャンネルレイアウトですばやくアクセス、コントロール可能
  • Spherix専用のWeightコントロールでマルチチャンネル・サイドチェーンリアクションをコントロール
  • マルチチャンネル・メータリングでレベルとゲインリダクションを簡単にモニタリング

イマーシブ・オーディオのミキシングにおいて、Spherixの合理化されたワークフローが下記を実現します。

  • Spherixのクイックアクセス・コントロールを、各チャンネルのメーター下に配置。チャンネルを切り替えることなく、すべてのチャンネルのパラメーターをすばやく調整することができます。
  • コントロールリンク機能により、複数のチャンネルをスピーカーのゾーンごとにグループ化することができます。1回クリックするだけで、複数のチャンネルの設定を調整でき、チャンネル間の相対的な設定を維持したまま、マルチモノですばやくミキシングすることができます。
  • グループ化されたスピーカーゾーンを即座に処理。チャンネルリンク機能により、スピーカーゾーンを基準にチャンネルをグループ化し、各ゾーン全体をバスとしてエフェクト処理が可能です。トップを1つのゾーン、サイドとリアは別のゾーン、フロントウォール(L+R、L+R+C、L+R+C+LFE)はさらに別のゾーンとして処理し、グループ内のすべてのチャンネルに統一したコンプレッサーまたはリミッターを適用できます。
  • Spherix独自の革新的なWeightコントロールにより、チャンネルとリンクしたグループに供給されるサイドチェーンのバランス等を調整できます。グループ化されたチャンネルの参照先を、個々のチャンネル、グループ全体、または他のすべてのチャンネルなどを選択することができます。
  • マルチチャンネルメーターにより、レイアウトの切り替えなしですべてのチャンネルのレベルとゲインリダクションを容易に確認可能です。

Spherix Immersive Compressor and Limiterは、クリアでパンチのあるサウンドで、没入感のあるミックスを簡単かつ迅速に作成可能です。

価格は28,600円となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。