従来のモノフォニック・シーケンサーとは一線を画すポリリズミックシーケンサー、510k「SEQUND」リリース!

従来のモノフォニック・シーケンサーとは一線を画すポリリズミックシーケンサー、510k「SEQUND」リリースです。

SEQUND

SEQUNDは、電子音楽家Alexkidによって作成されたすでに成功したMax4Liveシーケンサーのすべての最高の機能を組み合わせ、改善し、HY-PluginsのTadashi Tsuginomoriと共同で再設計された強力なVST/AUポリリズミックシーケンサーです。

Gate、Length、Hold、Chance、Pitch A、Pitch B、Probability A/B、Transpose、Octave、3xアサイン可能なMIDI CCレーン、それぞれ個別のステップ量を備えています。また、ポジティブとネガティブの2種類のステップアドバンスモードと、MIDI経由で瞬時に呼び出せるプリセットごとの最大12xのパターンを備えています。

シンプルさと楽しさを維持しながらも、最高のユーザーエクスペリエンスを実現するために、多くの努力が払われています。SEQUNDの直感的なインターフェースは、微妙な変化を伴うエキサイティングなベースラインや、グルーブ感溢れるエキセントリックなメロディーを作りたいとき、あなたの創造力を即座に刺激します。また、従来のモノフォニック・シーケンサーとは一線を画すユニークな機能も搭載しています。

2つのピッチレーンと確率レーンにより、2つの異なるメロディーを交互に演奏することができます。各レーンは独立した長さを持ち、1パターンあたり16ステップしかないにもかかわらず、複雑なポリリズムや進化するパターンを驚くほど簡単に生成することができます。

また、リズムを生成するゲートレーンとピッチレーンごとに異なるステップ数を設定できるため、ゲートとピッチの対応をずらし、リズムとメロディを分離させることで音楽的に進化した意外性のあるパターンを作り出すことができるのも特徴です。

トランスポーズ機能は、スケールの量子化の前または後に使用でき、メロディーをシフトさせ、何をするにしても常にキーを維持することを可能にします。この機能は、キーボードからMIDI音でリアルタイムにコントロールすることも可能です。また、パターンはMIDIノート経由で「パンチイン」モードとして動的に呼び出すことができ、ポリリズムを使用している場合でもパターンのチェインを簡素化することができます。

Alexander Kowalski、Arno、Brawther、Christian Burkhardt、Cristi Cons、Cyrk、D’Julz、Goldmoon、Janeret、Josh Wink、Katie Drover、Okin、Oshana、Reboot、Robin Order、 Rodriguez Jr、 Soela、tini、Triptastazなどのアーティストプリセットが付属しています。

通常9,400円のところ、6,200円となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。