高品位な50,000種類のサウンド!OUTPUT ARCADEレビュー

AD

Sponsored By SONICWIRE

OUTPUT ARCADEは、2018年にリリースされ、トラックメイカーを中心に人気の高いループシンセ・ソフトウェア。

サブスクリプション契約で、月額10ドル~使用が可能。幅広いジャン ルをカバーした高品位で豊富なバリエーションのサンプルが魅力です。

サンプルがアサインされたキー(鍵盤・パッド)をコントロールして直感的に操作することができ、楽器演奏や理論が苦手な方でも、直感的に操作していただけます。

また、2.0にバージョンアップされてからは「ノートキット」を扱うことが可能になり、ループだけにとどまらず、自由にフレーズを演奏・打ち込む事ができるようになりました。

OUTPUT ARCADE

音・性能・特徴・使い方など

各パラメーターを操作してサウンドチェック・製品特性などを解説しております。

【動画内容】

  • 製品について (00:14~) ・サウンドチェック
  • DLについて (01:26~)
  • 各パラメーターについて (03:00~)
  • 使用感・トラックメイク (04:53~)
  • DEMO SONG (07:17~)

一押しポイント

動画内でもオススメとしてご紹介ている、2.0から使用可能になった「ノートキット」により、レイヤーを組み合わせて、とても高品位なサンプルを演奏・打ち込むことができます。

ループサンプルでバックトラック軸をスケッチし、ノートキットでメロ ディを構築、サンプルから「GENERATE KIT」を選択し、オリジナルのドラムパート・パターンを打ち込むだけで、瞬時にクオリ ティの高い楽曲が誕生します。

音質面も統一感が出るのでオススメで す!

改善してほしいポイント

高品位であるが故なのですが、動作は重めです。慣れるまでは検索画面で少し時間がかかり、テクニックが必要になります。

例えば「ギター」というキーワードで絞っても、ギター”要素”が入っているサンプルも取り込間れるため、うっすらギターが使用されているサンプルキットもリストアップされます。

解説文と照らし合わせながら、目的のサンプルにたどり着かなければいけない難しさも感じました。

CPU負荷

  • 25~35%程度 (製品全体の平均値として)
  • OS:macOS Monterey Apple M1 Max
  • メモリ:32 GB
  • DAW:Logic pro X
  • バッファーサイズ:256samples
  • サンプリングレー ト:48kHz
  • AIF:RME FIREFACE UFX

まとめ

サブスクリプション契約で、新たにどんどんサンプルが追加されていく楽しみが魅力的です。

とにかくジャンルの幅広さに驚かされました!

一通りのサンプルを聴き、その出音の良さと統一感に関心してしまいましたね。瞬時にクオリティの高いBGMが出来上がってしまいます。

動画内でも解説していますが、ループフレーズを組み合わせてバックトラックを作り、その上にボーカルまたはメインパートを乗せていく、というスタイルにピッタリだと感じました。

2.0から使用可能な「ノートキッ ト」と合わせて、より自由に制作できるのも嬉しいです。

お手軽のBGMを作りたい方はもちろん、自由にカスタムしてオイシイ部分だけを抽出して、オリジナル楽曲の一部として取り込むのもアリだと思います。

OUTPUT ARCADEの購入はこちら

【ブラックフライデーセール】作曲からミックスの最終段までの制作プロセスを支える創造的で合理的なイコライザー、Sonnox「Claro」が75%OFF!

 

詳細こちら

最新情報をチェックしよう!
>Computer Music Japan

Computer Music Japan

世界中の音楽機材情報を毎日お届け!