【DAW】Steinberg Cubase 12でついにドングル廃止決定!2022年春にリリース!

国内の人気ナンバーワンDAWソフトのSteinberg Cubaseの最新バージョン、Cubase 12の情報が公開されました。

リリースは2022年春とのことですが、Cubase 12からは遂にドングルが廃止になり、新しいライセンスシステムが使用可能となるという、Cubaseユーザー念願の機能刷新です。

新ライセンスシステム Steinberg Licensing

背景

クリエイティブなソフトウェアは、ユーザーの皆様にとって⼤切な資産です。そして私たちにとっても、これらのソフトウェアのライセンスを守り、不法コピーを防ぐことは、今後もクリエイティブな製品を開発し、お客様に提供するためにとても⼤切です。

⻑年 Steinberg は eLicenser システムを採⽤し、ハードウェアキーの USB-eLicenser とソフトウェアキーの Soft-eLicenser のコンビネーションでソフトウェア製品のライセンス管理を⾏ってきました。しかし時代の流れと共に私たちはユーザーの皆様から、より⾃由度の⾼いライセンス管理⽅式へのリクエストを受けていました。

今⽇では、多くのミュージシャンはラップトップなど持ち運びのできるコンピューターをメインに⾳楽制作を⾏なっています。これらの機種に採⽤される USB 端⼦は減る⼀⽅で、ハードウェアキーの接続は不便に、あるいは不可能にもなってきました。

また今⽇では 2 台以上のコンピューターを⽤いるユーザーも多い⼀⽅、eLicenser システムでは Soft-eLicenser を⽣成した 1 台、または USB-eLicenser を接続した 1 台のコンピューターでしか製品を⽤いることができません。

新しいソフトウェアを web からダウンロードしてすぐに試したい、という⼈も増えましたが、たとえば Cubase Pro の体験版のご利⽤には、物理的な USB-eLicenser が必要です。

これらの様々な要因により、eLicenser システムから新しいシステムへ移⾏する時が来たと⾔えます。

詳細は公式サイトを確認してください。


Steinberg公式サイト

Steinberg Licensing

ソフトウェアを起動し、Steinberg ID にログインすれば完了するというシンプルな設計。

ハードウェアキー(ドングル)が不要となります。非常にシンプルでフレキシブルな、新しいライセンス管理システムとなるため、今までのようにドングルを持ち運んだり、複数ドングルを用意する必要がなくなります。

物理のドングルが不要になるということは、故障のリスクもなくなるということ。

ただ、注意が必要なのは、ドングルが不要となるのは「Cubase 12」からなので、既存のCubase 11以前のバージョンではドングルが必要となります。

新機能について

Cubase 12の気になる新機能ですが、ドングルが無くなる以外には詳細の発表はありません。続報を待ちましょう。

また、オフラインでも1年間 Steinberg Licensing システムを使えるようにオプションを準備中とのこと。

最初のアクティベーションも、⼀時的にインターネットに接続してから切断する⽅法と、別のオンラインのコンピューターでライセンスを⽣成し、オフラインのコンピューターにライセンスを移せる⽅法を開発しているとのことなので、かなり柔軟に対応が可能になりそうです。

Cubase 12 グレースピリオド開始

Cubase 12のリリースは、2022年春の予定ですが、グレースピリオド(無償アップグレード期間)は、本日(2021年11月10日)より開始です。

グレースピリオドについて➡公式サイト

つまり、本日以降にCubase 11をアクティベーションした方は、Cubase 12リリース時に無償アップグレードが可能となります。

参考記事:【PR】Steinberg Cubase Pro 11レビュー

参考記事:【PR】Steinberg Cubase ProとArtistの違い

購入はこちら

Rock oN➡︎Cubase Pro 11

サウンドハウス➡︎Cubase Pro 11

Amazon➡︎Cubase Pro 11

圧倒的なパワーを、衝撃的な価格で。iZotopeが最大96%OFFとなるブラックフライデーセール開催!

購入はこちら

最新情報をチェックしよう!
>Computer Music Japan

Computer Music Japan

世界中の音楽機材情報を毎日お届け!